So-net無料ブログ作成

こわれゆく世界の中で [外国映画]

監督:アンソニー・ミンゲラ   出演:ジュード・ロウ、 ジュリエット・ビノシュ、
ロビン・ライト・ペン、 マーティン・フリーマンetc.
2006年 イギリス/アメリカ    梅田OS名画座

 ジュード・ロウがたっぷり見られる作品だ。やっぱりアップに耐えられる顔である。彼の作品では、脇役だが「リプリー」が素敵だったと思う。あと「ガタカ」の演技も評判がいい。「ガタカ」のときはまだブレイク前だったようだ。

 ジュード・ロウに興味を持ったのは、アメリカの有名なTVインタビュー番組「アクターズ・スタジオ」(司会のおじさまが渋くて素敵)に出演したのを見てからだ。このときの彼の態度がとても好感がもてたし、知的な面も感じた。おまけに最後にブレイクダンスのようなダンスを披露してくれた。それがすごくうまくて、この時点で私はノックアウトされた。スーツ姿でダンスしたので、「あとでスタイリストに文句をいわれるなあ」って言ってた。

 さて、映画のほうだが、ジュード・ロウは建築家のウィル役で、ロンドンのキングス・クロスに新しい事務所をオープンし、都市再開発計画を推し進めていた。彼は美人の恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の連れ子のビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らしている。しかし、2人の間には、心のすれ違いがあり、娘のビーも夜眠らないという異常行動をかかえていた。
 ウィルは、自分のオフィスの窃盗事件をきっかけに出会った、ボスニアの未亡人アミラ(ジュリエット・ビノシュ)に心惹かれ始める。その事件はアミラの息子と関係があるのだが……。

 確かにウィルとリヴは心のすれ違いがあるというのは、理解できた。が、お互いがひどい喧嘩するわけでもなく、ウィルは義理の娘をかわいがっていて、色々世話を焼いている場面も出てくる。だから、アミラと知り合って、ウィルが半ば強引にアミラと関係を持つことがどうも納得がいかなかった。それに、アミラはリヴと比べて特別魅力的でもなかった。

 一体なぜ、ウィルはアミラと浮気してしまうのだろう。そしてアミラの息子の事で、リヴに嫌な思いをさせてしまう。しかしリヴは最後はウィルの浮気を許す形になってしまう。これは男の甘えなんじゃないかと思った。現実の女性達が、ウィルのような浮気を告白する男性を、果たして許すことができるのだろうか。ここは疑問であった。だが、映画の中ではジュード・ロウが演じているので、リヴが許すというのも、アリかなとは思ったけれど。

 女優さん対決としては、やはりジュリエット・ビノシュに軍配があがるだろう。私は以前、ジュリエット・ビノシュが好きじゃなかった。だが、この映画のビノシュは、貧しく、素直で、愛情あふれた母親を好演していた。やはり演技力のある女優だと思う。

 最後は紆余曲折あるものの、希望のもてる終わり方になる。それが救いであり、映画の印象を良くしていた。


nice!(10)  コメント(15)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 15

ken

アミラとリヴは決して似ていない、というところが大事なポイントですね。
男が浮気する心理は単純で、和食も好きだけど洋食も好き、なのです(笑)。
ラスト、リヴの許し方が緩かったですよねえ。
by ken (2007-05-19 08:10) 

coco030705

おはようございます。
nice&TB&コメントありがとうございます♪
>和食も好きだけど洋食も好き
なーるほど!勉強になりました。(^^)

リヴはお人よしすぎって感じですよね。
もっと2人に間に、心の中をさらけだすようなぶつかりあいが
あって初めて、観客を納得させることができるんじゃないでしょうか。
ウィルがいくらハンサムでも、だめですよ。 (`□′)
by coco030705 (2007-05-19 08:31) 

coco030705

plotさんへ
nice!ありがとうございます♪
by coco030705 (2007-05-19 21:35) 

クリス

私もアクターズスタジオにでた時のジュードに好感を持ちましたよー。最後のダンスも恥ずかしそうだったけど、やってみたらとっても上手で♪ただ、どっちかっていうと、ブレイク前の彼がのほうが好きだったかもしれません。「ガタカ」とか「オスカーワイルド」とか、出番は少ないけど「真夜中のサバナ」の強烈な印象を残した彼の残像がいつも頭の片隅にあって、なかなか最近は満足のいく作品に巡り合えずにいます。
そして私も、アカデミー賞受賞したときの彼女のスピーチに引いちゃって以来、ビノシュが好きじゃありませんでした~。彼女から「サンピエールの生命」の役のようなイメージは連想できなかったんですが、最近は少しずつやっぱり良い女優なのかなと思えてきました。
by クリス (2007-05-19 21:48) 

non_0101

こんばんは。
リヴがなんでウィルに心を開けないのかなあと思いながら見ていました。
ウィルはあんなに優しくて素敵なのに…
でも、ウィルがリヴと娘のつながりをどのように感じていたのかを
吐露した台詞を聞いて、なるほどなあと思ってしまいました。
檻を自覚して尚、リヴとの愛を築き上げていこうという姿勢が
最期には彼女にも届いたのでしょうね。
by non_0101 (2007-05-19 22:29) 

coco030705

蟻銀さんへ
nice&コメントありがとうございます♪
「ガタカ」は見たんですが、「オスカーワイルド」はまだなんですよ。
ぜひ見ようと思っています。「真夜中のサバナ」はどんな映画が
知らないんですが、いつか見てみます。
最近のジュードは主演しているのに、どうもぴたっとはまらない感じが、
私もしています。
ビノシュのアカデミー賞のあのスピーチ、覚えていますとも。かなり
しらけましたよネ。(^^)
今回の役は、今までの役のように、いい女を演出していなかったので、好感が持てたのかもしれません。
by coco030705 (2007-05-19 23:02) 

coco030705

nonさんへ
nice&TB&コメントありがとうございます♪
そうですね、ウィルは母親と娘の結びつきの強さの間には、入って
いけなかったんですね。だから常に寂しさを感じていて、
ふと浮気してしまったのかもしれません。
男女の心の機微は複雑です。でもウィルは最後には2人を
家族として守っていく決心をして、「結婚しよう」と告げたんでしょうね。
やはり映画の終わり方は、大事ですね。どんなにいい映画でも、最後が
よくないと、心には残らないと思います。
by coco030705 (2007-05-19 23:19) 

coco030705

julieさんへ
ようこそ。
nice! ありがとうございます♪
by coco030705 (2007-05-20 09:11) 

coco030705

gillmanさんへ
nice!ありがとうございます♪
by coco030705 (2007-05-20 17:19) 

TaekoLovesParis

私もジュード・ローのファンなので、コレみたいと思っているんですよ。
見たら、また、コメントしますね。
by TaekoLovesParis (2007-05-23 12:55) 

coco030705

Taekoさんへ
nice!&コメントありがとうございます♪
ジュード・ロウ、かっこいいですよね。こんな人と
お茶だけでも飲めたらいいなあ・・・なんて。(^^)
by coco030705 (2007-05-23 20:57) 

サラ

ご無沙汰してます。と思って訪問したら、いきなりジュードじゃないですか!!
アクターズスタジオも見てないので、残念。
映画の方はツ○ヤで借りられるかな・・・行ってみます。
ジュードとお茶・・・私も飲みたいですよー!
ほぼ 『ジュード鑑賞』で終わってしまいそうですが・・・(^^;
by サラ (2007-05-26 11:10) 

coco030705

サラさんへ
nice!&コメントありがとうございます♪
ご無沙汰です。お元気ですか。
サラさんもジュード・ロウのファンなんですね。
やっぱり女性はファンが多いですねぇ。(^^)
まだ上映中なので、DVDが出るのは少し先かもしれません。
出たら、ぜひジュードの顔を心ゆくまで眺めてくださいネ。
by coco030705 (2007-05-27 16:07) 

coco030705

Soraさんへ
niceありがとうございます♪
by coco030705 (2007-07-14 21:53) 

coco030705

cfpさんへ
こんばんは。nice!ありがとうございます♪
by coco030705 (2010-06-06 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2