So-net無料ブログ作成
検索選択

モン・ロワ(MON ROI) 愛を巡るそれぞれの理由 [外国映画]

 ヴァンサン・カッセルが好きなので、観に行きました。彼はアメリカ的なハンサムとは違う、フランス的な男前だと思います。ヴァンサンの役は、魅力的だけれど破天荒なレストランの経営者。そして主役の女弁護士トニーは、この作品の監督でもあるエマニュエル・ベルコ。二人の激しい恋の始まりと結婚、そして別れを描いた大人の恋愛映画です。


モン・ロワ1.jpg


 物語の冒頭は、スキー事故で大怪我をしたトニー(エマニュエル・ベルコ)がリハビリセンターでリハビリに励んでいるシーンから始まる。彼女は10年間一緒に暮らしたジョルジオ(ヴァンサン・カッセル)との波乱に満ちた関係を振り返っていく。


 トニーは学生のとき憧れだったレストランの経営者ジョルジオとパリで再開し、きっかけをつかみ彼の気持ちを自分に向けることに成功する。ジョルジオからのアプローチも反応が早く、二人はたちまち激しい恋に陥っていく。


モン・ロワ2.jpg


 ジョルジオに案内されたクラブでトニーは、若く美しい女アニエス(クリステル・サン・ルイ・
オーギュスタン)から「私の彼を奪った」などと言われるが、「僕の子供を産んでほしい」というジョルジオの言葉に愛を感じて結婚する。


モン・ロワ4.jpg


 しかし結婚後、当のアニエスはトニーの妊娠を知って、自殺未遂を引き起こす。ジョルジオは彼女が精神不安定なため見捨てることはできないという。「彼女は妹のようなものだ」と彼は言うが、トニーの心は穏やかではなかった。そしてついにジョルジオとトニーは可愛い男の子を授かる。


モン・ロワ3.jpg


 しかし、赤ちゃんの名前を付けるとき、ジョルジオはアニエスに名付け親になってもらう。


モン・ロワ5.jpg
 トニーとジョルジオとアニエス

 子どもができてからも、ジョルジオがクスリを使っていたことがわかったり、新たな浮気の現場をトニーが見つけてしまったり……。その他色々なゴタゴタがあり、トニーは心底疲れて少しおかしくなってしまう。弟のソラル(ルイ・ガレル)が心配して、トニーにジョルジオと別れるように忠告する。ジョルジオはクスリを止めてセラピーに通い、まともになることを誓うがときすでに遅しで、トニーは自分の仕事である弁護士業で新しい大きな仕事を手にし、離婚に踏み切るのだった。

 こうしてトニーはこの不幸な結婚から立ち直るが、子供はジョルジオに引き取られ、二人は子供の成長の経緯を見守る役所の職員との話し合いの場で再会する。トニーがあれほど心配したのに子供は問題なく順調に育っていた。ジョルジオも今までの感じとは違って、まともな雰囲気の男性になっていた。セラピーが成功したのだろうか。だがジョルジオは会ってもトニーと目を合わそうともせず、挨拶もそこそこにその場を去るのだった。

 どんなに深く愛し合っていても、愛というものが終わったら、男女はこんなにも他人になるのだなということを、最後に見せつけられた感じがした。結局トニーとジョルジオはお互いを理解できなかったのか。恋愛というもののはかなさを表現した場面だった。それにしても、悲しい終わり方だなと思った。こんな容赦のない描き方ではなく、もう少し温かみのあるエンディングが、私は好きだ。

原題:MON ROI/ MY KING  監督:エマニュエル・ベルコ  出演:エマニュエル・ベルコ、
ヴァンサン・カッセル、 ルイ・ガレル、 イジルド・ル・ベスコ、 
クリステル・サン・ルイ・オーギュスタン
2015年 フランス




nice!(23)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 21

coco030705

はじドラさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

匁さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

kontentenさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

コザックさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪



by coco030705 (2017-04-03 21:21) 

coco030705

怪しい探麺隊さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-03 22:50) 

coco030705

鉄腕原子さんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

@ミックさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪


by coco030705 (2017-04-04 10:21) 

coco030705

kenさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

sugoimonoさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

AKIさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪


by coco030705 (2017-04-04 18:57) 

Inatimy

予告編探して見てみました^^。
タイトル、私の王様って、"Roi des connards"と、ろくでなしの王様だったんですねぇ・・・。
ジョルジオ、自分で言ってましたね^^;。
激しく燃え上がって、ダメだったら別れて別々の道へ・・・
愛があるうちは濃厚な時間。
ある意味フランスらしい映画なのかも。
by Inatimy (2017-04-04 19:38) 

coco030705

Inatimyさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

そうです、全くろくでなしの王様ですね。でもこれは女性の側からの見方です。ジョルジオから観たらもう一つ違う話が創れるかもしれませんね。とにかくフランスは恋愛王国ですから、大統領だって他に子供がいても堂々としているんですものね。大人な国だなぁと思います。
by coco030705 (2017-04-04 19:53) 

coco030705

キキさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-04 22:11) 

コザック

こんばんは
私もヴァンサン・カッセル好きです。ハードボイルドな役が好きなのですが、最近は恋愛映画での優しい表情が多い気がします。
冷めた関係になったとしても・・・心の中をのぞける作品だったらもうちょっと救われたカモね☆
by コザック (2017-04-04 23:57) 

coco030705

コザックさんへ
こんばんは。コメントもありがとうございます♪

若い時はそういう役が多かったのでしょうか。私はあまり知らないんですけど。「ブラック・スワン」の役も良かったと思います。
おっしゃるように、冷めたとしてもある優しさがほしいですよね。そういうエンディングにしてもらいたかったんですけど……。
by coco030705 (2017-04-05 00:48) 

coco030705

アルファルハさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-05 00:49) 

Naka

ヴァンサン・カッセルは「憎しみ」や「ドーベルマン」など
反社会的な人物の役が多い気がしますが、
本作のような普通のダメ男ぶりも良いですね。
素敵でした。
ちなみに「リードマイリップス」は一番好きな出演作品です。
ラストは、私は成長した二人の今後の新たな関係性に希望を
持ったのですが、cocoさんのご感想を読んで
なるほど、次に観たら私も今と違う印象を受けるかもと思いました。

by Naka (2017-04-05 12:42) 

gillman

ここのところちょっと映画館かにはご無沙汰なんですが、先日旅行の時、機内で往きと帰りに一本づつ映画を見ました。往きが「La La Land」で帰りが「この世界の片隅に」でしたが、どちらも良かったですね。
by gillman (2017-04-05 19:39) 

coco030705

Nakaさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

ヴァンサン・カッセルは「ブラック・スワン」が印象的でした。他の映画はあまり記憶していないのですが、そういえば反社会的な役も観たような気が……。いい役者ですよね。上手いと思います。
Nakaさんとは最後の感想が違いましたね。トニーは確かに成長したと思うのですが、ジョルジオがどうなのか描き方がちょっと曖昧でしたね。私もDVDでもう一度見てみたいと思います。
by coco030705 (2017-04-05 19:53) 

coco030705

gillmanさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

「La La Land」と「この世界の片隅に」はとてもいい映画でしたね。どちらも好きな作品です。またこんな心に響く映画に出会いたいものですね。



by coco030705 (2017-04-05 19:59) 

coco030705

mayuさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-05 22:59) 

coco030705

ネオ・アッキーさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-06 10:45) 

のらん

ヴァンサン・カッセルは、味のあるいい役者さんですね(^.^)
容赦ない愛の終わりかた・・・ ひとときの愛が激しいほど、
その感情がもつれた後の喪失は深いのかもしれませんね。。
by のらん (2017-04-08 08:12) 

coco030705

のらんさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

ヴァンサン・カッセルは年齢を経るごとに、いい役者になっている気がします。
この作品は愛し合った夫婦が、色々あって別れる話ですが、それを女性の視点から描いています。女性から観るとジョルジオは可愛げはあるけれど非常に困った男です。だからトニーの気持ちもわかります。でもジョルジオは本当は立ち直ろうとしていたのかも。
最後の視線を合わせないジョルジオは、自分を信じてくれなかったトニーに対して怒っていたのかもしれません。

by coco030705 (2017-04-08 18:40) 

coco030705

yamさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-09 01:59) 

coco030705

nonさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-09 02:00) 

coco030705

りんこうさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-04-11 12:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。