So-net無料ブログ作成
検索選択

メットガラ ドレスをまとった美術館 [外国映画]

 あの「プラダを着た悪魔」のモデルとなったVOGUE編集長アナ・ウィンターが、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開いたファッションイベント”メットガラ”の舞台裏を描いたドキュメンタリーです。
 アナ・ウィンターはメトロポリタンの理事も務めているそうです。そしてメットの服飾部門の資金集めに始めたのがメットガラと呼ばれるレセプションであり壮大なパーティーです。毎年5月の第1月曜日に開かれます。


メット7.jpgメット8.jpg
 メトロポリタン美術館とアナ・ウィンター(いつもスタバのコーヒーを飲んでます。)
 
 2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント“メットガラ”が華やかに幕を開けた。2015年のテーマは「China: Through the Looking Glass」(鏡の中の中国)。中国の服飾や陶器だけでなく、欧米のそうそうたるデザイナーが中国のアートに刺激を受けてデザインしたドレスも展示される。フランスの一流メゾンの鮮やかなオートクチュールの数々、豪華セレブリティがレッドカーペットを彩るガラパーティー……。企画展示を担当した革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンと、主催者である“プラダを着た悪魔”ことVOGUE編集長アナ・ウィンターにカメラが密着。ゴージャスな一夜を生み出すまでの8か月を追う。


メット6.jpgメット12.jpg
 メットの大階段と カップルで登場のジョージクルーニー


 いやはや、こんなにゴージャスなパーティーは観たことがない。セレブたちのドレスは全てオートクチュールがお金をだしている。しかもこのパーティーの席料は1人当たり25000ドル(約285万円)で600席が瞬時に満席になるのだそうだ。この収益金は、メットの服飾部門の1年間の活動資金に充てられるとのこと。
 
 たくさんのスターやセレブやオートクチュールデザイナーが次々登場する中、最も目を引いたのは若きポップスター、リアーナだった。彼女のドレスは中国人デザイナーのグオ・ペイが担当したものだ。

メット13.jpgメット1.jpg


 日本のCMで有名なジャスティン・ビーバーも参加していたが、終始テンションが高く同行の友人とふざけていた。

メット11.jpg


 この壮大な展覧会の準備に奔走するのは、メット服飾部門の革新的キュレーター、アンドリュー・ボルトンである。とても感じのいい人だった。

メット2.jpg
 ドレスの展示に余念がないアンドリュー・ボルトン 


 そして服飾部門の裏方の人達は、有名やブランドデザイナーから借りた服を慎重に扱い、それらのほころびを修復し、シワをのばしていた。非常に念の入った神経を使う作業だろう。

メット5.jpg


 アナ・ウィンターが、ギャラのための、パーティーの席順を決めるのに苦慮しているところと、彼女の私宅での様子。やはりどこにいても忙しさに変わりはないようだ。アナいわく、こういう企画を成功させるには「アートと商業的な才能がどちらも必要」とのこと。

メット10.jpgメット9.jpg

 
 その他、ウォン・カーウァイを芸術監督に迎え、デザイナーたちに影響を与えた映画を会場で上映した。キュレーターのボルトンいわく、ウォンは他の人とは思考のプロセスが全く違う、詩人のような人物で、準備中は彼の詩のような言葉を理解する喜びを味わったとのことだった。

メット4.jpg
 展示の一部。このほか、陶器でできたドレスなど面白いものがたくさんあった。

 この映画の中で議論されていたのは、「ファッション」はアートなのかどうかということ。そして美術館に飾られるべきなのかというのが最大の論点だった。
 シャネルのカール・ラガーフェルドは、ファッションはあくまでも顧客のもので、自分たちは服を作る職人に過ぎないとのこと。ディオールのジョン・ガリアーノにしても、ジャン・ポール・ゴルチエにしても、服は美しいものではあるがアートがどうかはわからないと言っていた。
 しかし、アンドリュー・ボルトンはファッションはアートの一つと信じていると断言していた。ファッションは私たちの価値観、先入観、限界に挑戦してくれるものだと。

 まぁそういう難しい議論はさておき、映画としては日常を離れた世界をたっぷり楽しめる映像が満載だ。ただストーリー的には、登場人物の仕事の大変さと神経の使い様はわかるが、人間的な内面には迫ってはいなかった。だから心に響くものがあるわけではない。そのことを承知で、非日常的な世界の舞台裏を見たい人や、ファッションというものに、興味のある人は楽しめる作品だと思う。
 
 この映画を観ていて、なんで中国なんだろう!と思っていたところ、2017年5月にはメットでコム・デ・ギャルソン展が催されたようです。すごいですね、川久保玲さん。
 
https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-05-03-cdg/related/2
 コム・デ・ギャルソン展

原題:THE FIRST MONDAY IN MAY  監督:アンドリュー・リコッシ
2016年 アメリカ


 

nice!(19)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 25

coco030705

鉄腕原子さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-11 00:06) 

coco030705

@ミックさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-11 00:50) 

coco030705

コザックさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-11 11:00) 

coco030705

ネオ・アッキーさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-11 11:01) 

coco030705

匁さんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

りんこうさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

sugoimonoさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2017-05-11 18:17) 

gillman

最近は美術館を使ったイベントが多くなりましたね。先日、トーハクに行ったら表慶館でファッションメーカーのパーティーをやってました。
by gillman (2017-05-12 11:21) 

coco030705

gillmanさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

最近の美術館は色々なイベントをやっていますね。美術館も芸術を守り人々に教えるという役割から、新しい分野を芸術に取り込もうという傾向になってきたのでしょうか。
ファッションをアートと呼べるのか、よくわかりませんが私自身はファッションが大好きなので、この映画は楽しめました。

by coco030705 (2017-05-12 16:56) 

coco030705

ryo1216さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-12 20:44) 

のらん

メットガラのこと、ちょこっと耳にしたことはありましたが、
こんなゴージャスなイベントだったんですねっ!!!
リアーナのドレス、スゴすぎっ(@@;) 中国人デザイナーの作なんですね〜
by のらん (2017-05-13 11:43) 

coco030705

のらんさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

リアーナのドレス、センスがいいかどうかは別にして、とにかく他を圧倒するデザインではありますよね。それにこのドレスを堂々と着こなしているリアーナという10代の少女が凄いと思いました。彼女のパフォーマンスもありましたよ。ドレスはもちろん動きやすそうなものに着替えてましたが。(^-^;

by coco030705 (2017-05-13 20:05) 

coco030705

non_0101さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-13 20:06) 

coco030705

ジルさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-14 16:21) 

コザック

こんにちは。
何かのニュースでこの二人のことをやっていました。
まさか映画になっているとは!アナのことはもっとその姿を知りたいのでちょっと興味深々。
女優さんやモデルさんの川久保さんへの尊敬のコメントが素晴らしかった(^^)v
by コザック (2017-05-14 16:39) 

coco030705

コザックさんへ
こんにちは。コメントもありがとうございます♪

そうですか、ニュースでやっていたのですね‼観たかったです。アナ・ウィンターのこともっと知りたいですよね。
コムデギャルソンの洋服は昔着ていたことがあります。細かい白黒の千鳥格子のボディコンシャスなウールのワンピースです。襟がレースでピエロのような丸襟で、それを着ていたらみんなが振り返ってみていました。よほど印象的だったんでしょう。その襟は取り外しができて、取ると何でもないワンピースになっちゃうんですけどね。今はボディコンの服なんかとてもとても。どうやったらヤセるのか、そればっかり考えてます。(^-^;

by coco030705 (2017-05-14 18:46) 

Inatimy

全く別の世界ですね〜。普段目にすることのない裏方さんの作業が
どんな風なのかは気になるところ^^。
デザインと着心地、そのバランスをどう取るのか、そこも面白そうです。
by Inatimy (2017-05-15 18:07) 

coco030705

Inatimyさんへ
こんばんは。
本当にそうですね。別世界です。裏方さんの作業は凄いですよ。段々時間がなくなって、皆徹夜で作業してました。身体が悪くなりそう。職人さんたちの仕事の仕方はすごいものがありますね。尊敬に価します。彼らが創ったドレスや展示はやはりアートの名にふさわしいものではないでしょうか。
by coco030705 (2017-05-15 20:26) 

coco030705

kontentenさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2017-05-15 23:04) 

Naka

夢のような世界ですね。
豪華なドレスは本当に芸術作品のよう。
一生着る事は無くても(^^;、
見ているだけで楽しいですね♪
by Naka (2017-05-16 01:59) 

coco030705

Nakaさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

本当に自分の生活とは別の世界だと思います。職人さんたちがドレスを準備したり、装飾担当者が会場の設営に奔走したり、全く裏方の働きのすごさが印象に残りました。だからこそ、ドレスは輝いていたのですね。
by coco030705 (2017-05-16 11:17) 

アルファルハ

おはようございます、、
ゴージャスですね~ビックリです。
観てその雰囲気を感じたいです。^^
by アルファルハ (2017-05-17 09:26) 

coco030705

アルファルハさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

そうですね、観ることが感動をもたらす、それがアートの神髄ですね。アートが人間に与える影響力はすばらしいですよね。

by coco030705 (2017-05-17 14:55) 

coco030705

(。・_・。)2kさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-05-18 23:46) 

TaekoLovesParis

これ、見に行く予定です。丁度、cocoさんの記事があってよかったわ。
by TaekoLovesParis (2017-05-23 00:44) 

coco030705

こんにちは。
ドキュメンタリー映画として、なかなか面白い作品だったと思います。アナ・ウィンターの存在感がすごかったです。それに彼女の衣装もどれを観てもクオリティーの高い、センスの良い洋服を着ていました。一説によると被服費として1年間2000万円が支給されているとか。私はアンドリュー・ボルトンがいいと思いました。でも彼はゲイなんですけれどもね。日常とはかけ離れた世界で楽しめました。

by coco030705 (2017-05-23 09:19) 

coco030705

tasuchanさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2017-05-23 22:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。