So-net無料ブログ作成

ドリーム [外国映画]

 わかりやすく興味深い映画だった。1960年頃優秀な黒人女性3人が、人種差別が当然のように行われていたアメリカで、NASAの宇宙開発チームで計算手として働き、多大な貢献をするというストーリーである。


どり1.jpg
 メアリー、 キャサリン、 ドロシーの仲良し3人組み

 1961年、東西冷戦下のアメリカとソ連は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な黒人女性たちが計算手として西計算グループで働いていた。


どり2.jpg


 幼いころから数学の天才少女と呼ばれていたキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は黒人女性として初のハリソン(ケヴィン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、白人男性ばかりの職場の雰囲気はとげとげしく、そのビルには有色人種用のトイレもなかった。

どり8.jpg

 そんな職場の空気の中、家庭を持ち、子供もいるが夫に先立たれたキャサリンは頑張って働いていていた。そして国家の威信をかけたマーキュリー計画に貢献しようと奮闘した。

 1961年4月12日、ソ連はユーリ・ガガーリンを乗せたボストーク1号で史上初の有人宇宙飛行を成功させる。ソ連に先を越されたNASAへの猛烈なプレッシャーのなか、キャサリンはロケットの打ち上げに欠かせない複雑な計算や解析に取り組み、その実力をハリソンに認められ、宇宙特別研究本部で中心的な役割を任される。
 そのときに、ハリソンがキャサリン用のトイレが本部ビルのなかにないことに気づき、斧で「白人専用」と書かれたトイレの看板を、皆の目の前ではずしてくれた。


どり3.jpg



  キャサリンの友人の、計算手チームのリーダーだった黒人女性ドロシーは、新たに導入されたIBMのコンピュータを使ったデータ処理の担当に指名され、同じくメアリーは裁判所への請願が実り、白人専用だった学校で技術者養成プログラムを受けるチャンスを得る。


どり7.jpg


 3人の子供をひとりで育てていたキャサリンは、教会で出会ったジム・ジョンソン中佐(マハーシャラ・アリ)のプロポーズを受ける。


どり5.jpg

 1962年2月20日、宇宙飛行士ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道飛行に挑む日。打ち上げ直前に想定外のトラブルが発生し、すでに職務を終えて宇宙特別研究本部を離れていたキャサリンに、コンピュータには任せられない重大な計算が託される……。

どり6.jpg
 宇宙飛行士ジョン・グレイン(グレン・パウエル)は黒人女性を差別せず、その働きに礼を言う。それにしても、宇宙飛行士って本当に危ない仕事ですね。その勇気に敬服します。 


NASAで黒人女性がこんなにも活躍していたとは、全く知りませんでした。米国の黒人差別はすごかったんですね。(今もすごい?)キング牧師も人権運動している様子が、ちらと映像で出てきます。黒人の主役のキャサリンことタラジ・P・ヘンソンを初め、ドロシー役のオクタヴィア・スペンサー、メアリー役のジャネール・モネイも上手かったですよ。
 差別の場面は日本人からしたら考えられないことですが、これが当然のようにおこなわれていたんだなとびっくりしました。ドロシーの上司役でキルスティン・ダンストも出ていましたが、にこりともしない役で怖かったです。(-_-;)
 ケヴィン・コスナーは若い時よりは少し恰幅がよくなったものの、落ち着いた正義感の強い上司役がピッタリでした。やはりカッコいですね。(^.^)
 でも世界的な競争に勝とうと思ったら、人種差別している場合ではなく能力主義で行かないと勝てませんね。どの分野でもそうでしょう。
 ストーリーの方は、明るく面白いですよ。暗い一面も、3人の女性の明るさで吹っ飛ぶ感じです。観て楽しいし、色々学ぶところありの作品だと思います。ハリウッドの良さが存分に出ている映画です。

原題:HIDDEN FIGURES  監督:セオドア・メルフィ  出演:タラジ・P・ヘンソン、 
オクダヴィア・スペンサー、 ジャネール・モネイ、 ケヴィン・コスナー、
キルスティン・ダンストetc.
2016年 アメリカ





nice!(17)  コメント(17) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 17

coco030705

(。・_・。)2kさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

鉄腕原子さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-13 22:26) 

coco030705

ryo1216さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

@ミックさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-13 22:28) 

coco030705

匁さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

怪しい探麺隊さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-13 22:28) 

coco030705

いっぷくさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

りんこうさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-13 22:29) 

coco030705

sugoimonoさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

uminokajinさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-13 22:31) 

coco030705

コザックさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-14 00:09) 

のらん

実話なんですよね〜
NASAのロケット開発が、黒人女性の数学の才能で支えられていたなんて!
すご〜く映画的なストーリーなんだけど、実話♪
まだ予告編を観ただけなのですが、3人の女性が胸をはって
白人の男社会で闘っているシーンとか、スカッとしますよね(^.^)
・・・ソックスくんの写真、見ていただいてうれしいです♪
ソックス・ファンのcocoさんに見て欲しいなって思いながら、載せたんですよ♡
by のらん (2017-10-14 14:25) 

きさ

いい映画でしたね。
映画には事実とは多少脚色がありNASAでの人種差別はあそこまでひどくはなかった様ですが、感動的でした。
主演の3人始めケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズらの俳優陣も好演していました。
by きさ (2017-10-14 16:59) 

coco030705

のらんさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

あら~、私がソックス君のファンだって覚えていてくださったんですね。嬉しいです。のらんさんたちのお世話していらっしゃる子たちは、皆可愛いのですが、特にソックス君はハンサムですよね♡

映画のほうは、なかなか面白かったですよ。こうして事実を白日の下にさらすことをアメリカはよくやりますよね。黒人の女優さんがとてもユーモアがあって楽しいです♪

by coco030705 (2017-10-14 17:51) 

coco030705

きささんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

とても面白く興味深い作品でしたね。黒人差別問題はどんなことがおこなわれていたか、全然知りませんでした。ストーリーがよくできてましたね。映画館の方も満席でしたよ。
by coco030705 (2017-10-14 18:14) 

コザック

こんばんは。
TV番組「コズミックフロント☆NEXT」の「女性コンピューター」の回でやってましたよね☆まさかこの出来事に人種差別が絡んでいるとは。。。
興味深く観に行きたいのですが、時間がなくてDVDになるかもです。ヒットしているのでもう少しやってくれるといいのですが。


by コザック (2017-10-15 19:04) 

coco030705

コザックさんへ
こんばんは。コメントもありがとうございます♪

そうですか、TV番組という下敷きがあったんでしょうか。映画の方は本当におもしろかったですよ。人種差別という事実はあるものの、暗さはありません。黒人の3人の女優さんの持っているバイタリティーと明るさゆえに。映画館も満席でした。ひょっとして上映期間が延びるかもですね。ご覧になれたらいいですね!

by coco030705 (2017-10-15 20:14) 

TaekoLovesParis

60年代ファッションですね。その当時、まだこんなに差別があったんですね。皆の前で、斧で「白人専用」の看板を外すのは拍手ものだわ。貫禄が出てきたケビン・コスナー、いい役ですね。
NASAのブルーに白のマークがパンナムのマークとイメージが似てますね。当時の先端だったんでしょうね。最後の写真の3人の女性、表情もきりっとしていてかっこいいです。自信と実力に裏付けされての表情でしょうね。見たいです。
by TaekoLovesParis (2017-10-15 23:00) 

coco030705

Taekoさんへ
こんばんは。お帰りなさい☆nice!&コメントありがとうございます♪

そういえば、NASAのマークとパンナムのマーク、似てますね。最先端のデザインだったんですね。面白い作品でした。ケヴィン・コスナーはいい感じですよ。アンタッチャブルの彼が大好きでした。よい年の取り方をしている人でしょうね。宇宙飛行士役のグレン・パウエルがなかなかハンサムですよ。=^_^=

by coco030705 (2017-10-15 23:52) 

Inatimy

数学が苦手な私からすると、女優さん、ただ、ただ、すごい。
セリフ以外にも黒板に書く数式まで全部覚えなくっちゃいけないんですもんね^^;。
予告編も見ましたが、端々に出てくるウィットの効いたセリフに思わずクスッと笑いが。
by Inatimy (2017-10-16 16:01) 

coco030705

Inatimyさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

私も数学が苦手なので、 Inatimyさんと同じことを思いました。よくあんな難しい数式をかけるものだなと。たぶんこの女優さんは数学が得意である程度数式を理解できるのでは?
ストーリーはとても興味深いですよ。米ソの宇宙開発競争は熾烈だったんだなと改めて思いました。そして宇宙飛行士という仕事の危なさを映画を観て感じてしまいました。よくあんな狭い空間にとじこもって、生きるとも死ぬとも限らない旅に出る勇気があるものです。世の中色々危ないことに挑戦する人(冒険家など)がありますものね。平凡な人間でよかったかも。(^-^;

by coco030705 (2017-10-16 18:16) 

coco030705

アルファルハさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2017-10-17 22:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。