So-net無料ブログ作成
検索選択

バロックの巨匠たち展(姫路市立美術館) [アート・カルチャー]

先日、兵庫県姫路市の県立歴史博物館で、落語家の桂米朝さんの展覧会があり行って来ました。


米朝1.jpg
 高座の米朝師匠

「人間国宝桂米朝とその時代」展です。米朝さんの仕事(上方落語の復興)がどんなに偉大な業績であったかを思い知りました。今は息子の米團治(長男)さんがいい落語家になってこられました。その御兄弟がこの米朝展が催された歴史博物館の学芸員中川渉さん(三男)で、渉さんの企画でこの展覧会ができたというわけです。3月20日まで展示しています。

米朝3.jpg米朝2.jpg
 文化勲章受賞記念の写真と米朝さんのアンドロイド
 
 米朝さんのアンドロイドロ、そっくりです!

 このとき、ちょうどすぐ隣の市立美術館で「バロックの巨匠たち」展をやっていたので、ついでに観てきました。


 この展覧会はバロックの絵画を、16世紀末から18世紀初頭にかけて西洋の広汎な地域に表れた多様な美術様式ととらえて、この展覧会ではイタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画、ドイツ・フランス・スペイン絵画の44点が展示されていました。

 オランダの代表はやはりレンブラントですね。その精緻な描写力に改めて魅せられました。しかもこの女性の顔がほんのりとした血の気の通った顔色で、まるで息遣いが聞こえてきそうな気がしました。普通の古典絵画とは違うなと感じました。


1.jpg
レンブラント・ファン・レイン 「襞襟を着けた女性の肖像」


 次はブリューゲルの風景画ですが、色が美しく人々も動きがありますね。ブリューゲルは親子の画家だったのでしょうか。よく知りませんが……。

2.jpg
ピーテル・ブリューゲル(子) 「フランドルの村」


 かの有名なルーベンスの絵です。やはりキリストを題材にした絵画が多いですね。このキリストはいばらの冠をかぶせられているのですが、穏やかな人格がその表情からうかがえました。

3.jpg
ベーデル・パウル・ルーベンス 「十字架への道」


 美しい静物画(?)です。ブットーとは仏頭だと思います。子供がブットーに花冠をささげているところです。左右対称っぽいですが、少しづつ違いますね。

4.jpg
ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム  「花束と果実とブットー」

 
 何と美しい女性なんでしょう!昔から美人は絵になりますね。ずっと見ていたかったです。ドレスも素敵でした。

5.jpg
パオロ・ヴェロネーゼ  「女性の肖像」


 ムリーリョの聖母子、静かな絵ですがとても魅力的だと思います。イエス・キリストもマリア様もとても人間的に描かれていますね。

6.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ 「聖母子」

 
 こちらもブリューゲルの絵画です。キリスト教のことをあまり知らないので、こういう時ちょっと恥ずかしい気もします。

7.jpg
ピーテル・ブリューゲル(子) 「東宝三博士の礼拝」

 バロックの絵画は古典絵画と似ているのですが、もっと色彩が美しく人間味がある感じがしました。


 このあと明石へ行って、大学の後輩の案内で「明石焼き」を食べて帰りました。明石には「魚ん棚」という有名な商店街があって、明石港でとれとれの魚介類が買えます。
 
akashist001.jpgakashist072.jpg
 JR明石駅と魚ん棚商店街

 明石焼きは別名玉子焼きともいいます。タコ焼きと似ているのですが、中にはタコだけが入っています。それをお出汁に付けて、おネギや紅ショウガととともにいただきます。

150x150_square_57405684.jpg
 卵がとてもいいお味で、それが出汁とあいまって、薬味とともにいただくと、えもいわれぬ美味しさでした。大阪にも明石焼きの店がありますが、全く違う味でした。やはり本場でいただかないとね。ということで、充実した一日でした。





nice!(23)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スノーデン [外国映画]

 スノーデンの名前が今けっこうニュースでも話題になってますよね。トランプ大統領がロシアのプーチンさんにスノーデンをアメリカに引き渡せと言っているとか、怖いですね~!


スノ7.jpg


 この有名な事件をオリバー・ストーン監督が映画化、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演を務めた。NSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデンは、アメリカを愛する平凡な若者だったが、仕事をしていく上で、色々な秘密がわかり危機感を募らせたあげく、世界最強の情報機関に反旗を翻す決意を固めていく。


スノ3.jpg


 香港の高級ホテル、ドキュメンタリー作家のローラ・ポイトラス、ガーディアン紙の記者グレン・グリーンウォルドのいる一室に、一人の青年がやってくる。彼の名はエドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。アメリカ国家安全保障局(NSA)職員であるスノーデンは、ホテルに集まった面々に機密資料を提供し、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在を告発した。国を愛するごく平凡な若者だった彼は、CIAやNSAで勤務するうちに、その恐るべき実態に直面。テロリスト、民間企業、さらには個人までも対象にアメリカ国内のみならず全世界のメールや携帯電話での通話を監視する体制に危機感を募らせ、キャリアも幸せな生活も捨ててまでリークを決意する。


スノ5.jpg
 ジョセフ・ゴードン=レヴィット&リンゼイ・ミルズ

 とにかく怖い映画だと思った。自分の生活が誰かに監視されていると思うと、精神的に参ってしまいそうだ。果たしてスノーデンの告発したことは本当なのだろうか。映画を観る限りでは、スノーデンの立場から色々なことを言っているので、スノーデンが正しいように思える。


スノ4.jpg


 けれどもTV番組で専門家が言っていたのだが、テロリスト側が傍受対策を強化して、通信の暗号化など、アナログな方法で連絡しあうようになったので、テロリストの動きが捉えにくくなった一面もあるとか。真実はわかりませんが。


スノ1.jpg


 ストーリーはサスペンスフルで、恋人シェイリーン・ウッドリー(リンゼイ・ミルズ)との人間関係がかなり細やかに描かれるのが良かったと思う。そしてジョセフ・ゴードン=レヴィットが、最後のほうに登場する本物のスノーデンと感じがすごく似ているのが驚きだった。というのか、ジョセフの創り方が上手かったんでしょう。もともと彼は好きな俳優なのだが、いい主演作を得たと思う。これからさらに魅力的な俳優に飛躍して行ってほしいものだ。面白い映画なので、お勧めです。


スノ6.jpg
 本物のスノーデン氏です。似てるでしょう?

原題:SNOWDEN 監督:オリヴァー・ストーン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、
シェイリーン・ウッドリー、 メリッサ・レオ、 トム・ウイルキンソン、 ニコラス・ケイジ
2016年 アメリカ 



nice!(15)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

皆様へ、コメントの反映について

皆さま、いつも「ココのつぶやき」にお越し下さりありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]

昨年ウインドウズ10に変えてから、時々コメントを付けてしばらくして再度記事をみると
私のコメントが消えていたということが、何度かありました。
それは、ブログ友の皆様のお部屋へ付けた記事にもそういうことがあります。[がく~(落胆した顔)]

パソコン自体には問題がないので、ウインドウズ10の影響だと思っています。[猫]

そのためレスポンスが遅いなと思われることもあるかもしれません。私もチェックして
消えているときはもう一度書くようにしておりますので、何卒ご了承くださいませ。
ご迷惑をおかけしますが、これからもよろしくお願いします。
                            ココより。[ぴかぴか(新しい)][ハートたち(複数ハート)]




共通テーマ:映画