So-net無料ブログ作成
検索選択

拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎が出会った西洋美術 [アート・カルチャー]

 あべのハルカス美術館で「拝啓ルノワール先生」展を観てきました。ここはお気に入りの美術館です。アクセスがいいし、天井が高いのが好きです。

 本展は、オーギュスト・ルノワールと梅原龍三郎の作品だけでなく、梅原画伯が蒐集した作品、彼と親交のあったピカソやルオーらの作品約80点により、近代絵画における東西の交流を紹介しています。とても見ごたえのある面白い企画の展覧会でした。


umehara6.jpg
 梅原画伯「バラ、ミモザ」


 絵からもわかるように、梅原龍三郎はその豪快な性格から“画壇のライオン”と呼ばれていたそうです。パリでは、安井曾太郎、津田青楓に迎えられ、当初は彼らと交わるがすぐ、高村光太郎や山下新太郎らとも知り合い交流しました。


img_umehara02.jpg
 梅原画伯「読書」


 梅原龍三郎はサロン・ドートンヌなどで物議をかもしていたジョルジュ・ルオーに注目。作品を購入します。そしてついにピエール=オーギュスト・ルノワールに出会った梅原画伯は、ルノワールを師と仰ぎ、師との対話や制作現場から多くを学び、ルノワールの家族たちとも親密な関係を築いていきました。会場には彼あてのルノワールの自筆の手紙なども展示されていました。ルノワールの直筆がみれるとは思っていなかったので、とても感激しました。


 ルノワールの「パリスの審判」とそれを模写した梅原画伯の「パリスの審判」です。二人の個性の違いがはっきりと見てとれますね。どちらもすばらしい作品だと思います。

 ルノワールの「パリスの審判」
umehara3.jpg


 梅原龍三郎の「パリスの審判」
umehara4.jpg


 西洋絵画の模倣ではない、独自の油彩画として確立した梅原画伯の画業がよくわかりました。さらに、優れた鑑識眼を持つ「蒐集家」梅原龍三郎が愛蔵したルノワール、ピカソ、ルオーらの作品がまとめて展示されているのもこの展覧会の興味深いところでした。以下はその一部です。

【ルノワールの作品集】
img_umehara1.jpg
 麦藁帽子の若い娘

umehara5.png
 バラ

umehara8.jpg
 バラ色のブラウスを着けた女
 
umehara7.jpg
 勝利のヴィーナス(ブロンズ像)


umehara12.jpg
 ヴェールを持つ踊り子(ブロンズ像)

umehara13.jpg
 横たわる浴女

 【ジョルジュ・ルオー】
umehara15.jpg
 エバイ(びっくりした男)

 【ポール・セザンヌ】
umehara14.jpg 
 リンゴとテーブルクロス

 梅原龍三郎の絵はあまり好きではなかったのですが、この展覧会を見てすばらしい画家だなと思いました。またどこかで梅原画伯の展覧会があったら、観に行きたいです。



nice!(21)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

miniなできごと14 [日記・雑感]

 近所のカフェで雑誌「PEN」を手にとって眺めていたら、「コーヒーと暮らす家」という特集だった。多種多様なコーヒーをいれる道具の数々。きちんと片付いたスタイリッシュな家がたくさん載っていた。そこに暮らす男性は、コーヒーの焙煎家や雑誌編集者、建築家など。皆さんコーヒーの淹れ方にも色々こだわりがあるようだ。この「こだわり」こそが男性的な感覚かもしれない。
 眺めているだけでカッコイイのだが、私としてはちょっと近寄りがたいなぁというのが本音。こういうタイプの人とつきあったら、いつも何かを注意されているかもしれない。なにせ私は「突っ込みどころ満載な人」なのだから。

 ちなみに最近一番おいしと思ったコーヒーはベトナムで買ってきたジャコウネコのコーヒーである。コピ・ルアクとかいうらしいのだが、日本では50gで12000円くらいするみたい。ベトナムのはもっとずっと安価だった。何とも言えない独特のアロマがあり、私はそれが気に入った。けれど日本では買えないわ。

 どこのコーヒーがおいしいかということになると、私は京都の「イノダコーヒ」が好き。本店がすごく雰囲気がいいのだ。サンドイッチ、スパゲティ、洋食やケーキもおいしい。

イノダ本店1.jpg本店2.png本店3.png
イノダの朝食、ボリュームがあります。
イノダコーヒ: http://www.inoda-coffee.co.jp/shop/honten.html


 大阪では梅田阪急三番街の「カフェ・バーンホーフ(CAFE BANHOF)」がいい。すごくたくさんの種類のコーヒーがあり、一杯ずつドリップで入れてくれる。コーヒーの種類によって、カップも変わるのだ。ケーキもあります。

1バンホーフ.jpg2バンフォーフ.jpgバンホーフ3.jpg
カフェバーンホーフ: https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27011966

 もう少し色々なコーヒー店を探してみるのもいいかもしれませんね。そのうちに調べてみます。






nice!(25)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ラ・ラ・ランド [外国映画]

 とてもきれいな映画でした。お洒落でストーリーは恋愛の王道といった感じのミュージカルです。これを演技に定評のあるエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが演じています。二人とも歌って踊れるという所が新発見でした。しかも演技の部分は二人の演技力がいきてました。なかなか面白い映画でもう一度見てもいいなと思いました。


la2.jpg


アメリカ・ロサンゼルス。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人だったが……。


la4.jpgla5.jpg


↑の写真は冒頭のハイウェイでのダンスシーン。すごくエネルギッシュですばらしかった。色々なダンサーがいて、しかもダンスが揃っていて寸分の狂いもないって感じだった。どれほど練習したんだろう。


 エマとライアンが二人で踊るシーン。演技派の二人がダンスも上手いなんて素敵だ。新しい一面をのぞかせてくれたと思う。


la1.png


 二人は急速に仲良くなり、生活を共にする。ミアはそれでもオーディションを落ちてばかりで、だんだん自信を失っていく。それにひきかえセバスチャンは、将来自分の店を持ちたいという夢を実現するため、あるバンドに所属しツアーにでかける。そのバンドが売れたので、ツアーに行きっぱなし状態になり、エマはフラストレーションが溜まり二人は大喧嘩する。このシーンは、二人が初めは仲良くしているのに、だんだんと本音が出てきて喧嘩になる。ここではエマとライアンの演技力が十分に発揮されておもしろいシーンになったと思う。

 作品内で演奏されるジャズもとてもよかったと思う。そしてセバスチャンが参加するバンドのリーダー、キースをジョン・レジェンドが演じている。彼はR&Bの第一人者だが、バンドの演奏する音楽がすごくキレがよくて最高だった!

 最後は少しビターテイストで、哀愁のある終わり方だが、お互い愛しあえてよかったという二人の表情が、物語をいいものにしていた。

 エマ・ストーンは大好きな女優さんで、今回もとてもよかった。ライアン・ゴズリングは今までミニシアター系のあまり目立たたない作品に多く出ていたと記憶しているが、今回の役はなかなか魅力的だった。これからもこの二人の活躍を祈っている。


la6.jpgla7.jpg

原題:LA LA LAND  監督:ディミアン・チャゼル  出演:エマ・ストーン、
ライアン・ゴズリング、 ジョン・レジェンド、 ローズマリー・デウィットetc.
2016年 アメリカ



nice!(26)  コメント(30)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

miniな出来事13 [日記・雑感]

 アマリリスの写真を追加しました、八重のアマリリスです。きれいでしょう?

170304_1142~01.jpg170304_1139~04.jpg170304_1138~02.jpg

170302_1558~03.jpg170303_0654~02.jpg170303_0655~01.jpg170303_0656~01.jpg170303_0657~01.jpg


 いつもアマリリスを咲かせている友達が、きれいなお写真を送ってきてくれたので、私もぜひ育ててみようという気になって、Amazonで買いました。が、箱に簡単にしか育て方が書いていなかったんです。そしたらその友達が、詳しい説明書を送ってくれたんで無事に咲かせることができました。

 ポットアマリリスといって、初めからプラスティックの植木鉢に球根が埋め込んであるのを送ってきます。最初は水を50㏄だけ与えて、茎が伸びてくるのを待ち、それから2週間ごとに100㏄の水を与えればいいんですよ。たっぷりの日光が必要ですけどね。右のほうにもう1本茎が伸びてきているので、またお花を咲かせてくれることでしょう。

 こうしてお花を育てるのもいいものだなあって思って楽しんでいます。皆さんもいかがですか。


nice!(29)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画