So-net無料ブログ作成

miniな出来事20 東京見物'17.8月 [日記・雑感]

 8/17日1泊で東京へ。雨かしらと思っていましたが、雨はほとんど降らずムシムシと暑かったです。まずはホテルに荷物を預けてから、山種美術館の「川端龍子展」へ行きました。暑さに弱いので恵比寿駅からタクシーで美術館へ、片道490円。


2017-08-21T22:15:38.jpg
 山種美術館の入り口です。

 すばらしい絵画の数々を堪能しました。とても個性的な日本画です。どうやってこんな絵が描けるのだろうとびっくりさせられました。イマジネーションの勝利とでもいうべき作品が多かったです。しかも色がとても美しいので、じっと見入ってしまいました。以下が主な展示作品群です。

かわ1.jpg
 鳴門


かわ2.jpg
 草の実


かわ4.jpg
 香炉峰  これは龍子が中国へ従軍した時の、戦闘機から見た香炉峰の景色で、戦闘機のスピード感を表現したかったので透明にしたとのこと。


かわ5.jpg
 朝

 
かわ6.jpg
 龍巻


20170624-00.png
 


20170624-03.jpg
 百子図 


2017-08-21T22:15:38.jpg
2017-08-21T22:15:38.jpg
 八ッ橋   これだけが撮影OKでした。琳派の同じ構図の絵がありますが、こちらは写実的で花を一つ一つ描いているので、よく見ると全部違うとのことです。  

 この展覧会の詳しい解説は以下のTaekoさんのブログをご覧くださいませ。
  http://taekoparis.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22


 このあと、カフェで冷やし梅そうめんをさっぱりといただきました。ウェイトレスの人が感じが良くてホッとしました。

2017-08-21T22:25:50.jpg2017-08-21T22:25:50.jpg
 図録(コンパクトでいい)と眼鏡ふき(これは竹内栖鳳です)を買いました。


 銀座へ戻ってポーラ美術館アネックスへ。増田セバスチャンの作品、きゃりーぱみゅぱみゅの生みの親?私のケータイでは写らなかったので、コザックさんのブログをご覧くださいませ。

 http://batman.blog.so-net.ne.jp/2017-07-31-1

 ホテルへ帰って、夜の歌舞伎のためしばし休憩。午後5時半ごろ歌舞伎座へ到着。地下のお土産コーナーでお弁当を買ったり、アイスクリームを食べたりして開演を待ちました。今回2階席だったので、正面玄関を入って右の階段を上がると、ありました!あの川端龍子が描いた緑の鏡獅子の絵が。 玉三郎さんが大変お好きとのことです。私も歌舞伎座へ行ったら、必ず鑑賞します。

2017-08-21T23:37:36.jpg2017-08-21T23:37:36.jpg
 「鏡獅子」 川端龍子作


 さて歌舞伎の方は「桜の森の満開の下」を観ました。野田秀樹作・演出で、坂口安吾の同名小説と
「夜長姫と耳男」を下敷きに書き下ろした人気作なのだそうです。
 
 桜の森の満開の桜の木の下で、何かよからぬことが起きるという謂れがある。それは、屍体が埋まっているからなのか、はたまた鬼の仕業なのか…。
 時は天智天皇が治める時代。ヒダの王家の王の下に、三人のヒダの匠の名人が集められる。その名は、耳男(勘九郎)、マナコ(猿弥)、そしてオオアマ(染五郎)。ヒダの王(扇雀)は三人に、娘である夜長姫(七之助)と早寝姫(梅枝)を守る仏像の彫刻を競い合うことを命じる。そんな三人に与えられた期限は3年、夜長姫の16歳の正月までに仏像を完成させなければならない。ところがある日、早寝姫が桜の木で首を吊って死んでいるのが見つかる。時を同じくして都では天智天皇が崩御。娘と帝を同時に失ったヒダの王は悲しみに暮れる。やがて3年の月日が経ち、三人が仏像を完成させたとき、それぞれの思惑が交錯し…。というストーリーなのですが、わかりますか?

 要するに、人間と鬼との恋物語なんです。耳男(勘九郎)が鬼である夜長姫(七之助)に惚れてしまい、ムリな要求を次々と飲み込んでいくが、最後のには気持ちが通じ合う。けれどもそれは、夜長姫が死ぬとき。
 普通の歌舞伎と違って、セリフに駄洒落が多くて、ストーリーそのものも、観ていてよくわからなかったです。前の席の外人さんのカップル、私の隣の席の女性も1幕で帰ってしまいました。反対に後ろの若い女性グループは、「猿弥がいいね、上手いわね」とか面白いと言っていたので、やはり若い人に人気なのかも。勘九郎と七之助、猿弥の演技はとてもよかったと思います。でもやっぱりオーソドックスな歌舞伎がいいなと思いながら、劇場を後にしました。明日は美術館巡りです。




  
nice!(20)  コメント(25) 
共通テーマ:映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 [外国映画]

 ついに行って来ました!ジョニー・デップ、やはりカッコいいです。年齢をあまり感じさせませんでした。おなじみのキャストに加えて、若者が二人大活躍します。それにしても、ハビエル・バルデムのメイクがかなり怖かったです!いつものことながら、芸達者ですね。


パ1.jpg


 この作品も第5弾となったんですね。すべてを観たわけではないので、どうもストーリーが把握しきれないところがあります。とりあえず、スト-リーは以下の通りです。


パ2.jpg


 かつてジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)にハメられ、海の地獄“魔の三角海域”に幽閉されていた“海の死神”サラザール(ハビエル。バルデム)が解き放たれ、残忍な手下を率いて海賊の絶滅とジャックへの復讐へと動き出す。そんなサラザールの脅威からジャックが逃れる唯一の道は、どんな呪いも解くことができる“ポセイドンの槍”を手に入れること。


パ3.jpg


一方、かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子ヘンリー(ブレントン・スウィイツ)もまた、呪いをかけられた父を助けるために“ポセイドンの槍”を探していた。すると彼の前に、“槍”の謎を解く鍵を握る天文学者カリーナ(カヤ・スコデラーリオ)が現われる。ジャックはそんな2人と合流し、3人で“ポセイドンの槍”を求めて危険な航海へと繰り出すのだったが…。


パ5.jpg


 今回はオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイは最後の最後にチラと出て来るだけだ。そのかわりに、彼の息子ヘンリー・ターナー役として、ブレントン・スウェイツが登場。そしてキーラ・ナイトレイの役どころは、新しい女優カヤ・スコアラーリオが天文学者カリーナ・ターナーとして登場し、大活躍する。


パ4.jpg


 もちろんジャック・スパロウことジョニー・デップもかなりのアクションを披露。あの何ともいえないおとぼけ感、飄々とした感じがやはりいいと思った。


パ6.jpg


 それから、“アン王女の復讐号”の船長バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)も絡んできてすごい戦いになる。ジェフリー・ラッシュは今回重要な役どころを演じる。

 海の死神”サラザールことハビエル。バルデムの迫力はやはりすごかった。強くて怖い死神だ。一体だれが勝つのか、よくわからない展開だった。

 それにしても、海の中の戦いのCG映像は凄いものがあった。「十戒」という映画をご存じだろうか、海が割れる聖書のおはなし。それと同じように海が割れ、ジャック・スパロウ、サラザール、バルボッサの三つ巴の戦いが繰り広げられるのだ。それが迫力があったしドキドキして面白かったのだ。海の中の様子も、皆が追い求める“ポセイドンの槍”も美しかった。

 最後誰が勝つかはもうお分かりとは思うが、これで終わりかと思いきや、エンドロールの最後の場面で続きを思わせる映像が流れた。またジャック・スパロウに会えるのを楽しみにしていよう。


パ7.jpgパ9.jpg


原題:PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES
監督:ヨハイム・ローニング、 エスペン・サンドベリ  製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー 出演:ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウィイツ、 カヤ・スコデラーリオ、
ジェフリー・ラッシュ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイetc.
2017年 アメリカ

nice!(20)  コメント(23) 
共通テーマ:映画