So-net無料ブログ作成
検索選択

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ [外国映画]

 飼い主とハイタッチする猫。その野良猫ボブを相棒として、ホームレスで薬物依存症の青年が立ち直っていく物語。実話をもとに創られた映画です。本物の猫のボブがすばらしい演技をしていますよ。


360616_02_01_02.jpg


 ロンドンでプロのミュージシャンを目指していたジェームズ(ルーク・トラッダウェイ)は、夢破れ、家族にも見放されて、今はホームレスとなっていた。


b3.jpg
 ファンからもらった首輪をしているボブ

 ある日、彼のもとに、足にケガをした一匹の野良猫が迷い込んでくる。ジェームズはその猫をボブと名付け、有り金をはたいてボブを獣医にみせて助ける。それ以来、ジェームスとボブはどこに行くにも一緒に行動する。1人でストリートミュージシャンをしていたときは、無視され続けていたが、猫のボブの可愛さが功を奏して、次第にジェームスとボブを取り囲む人々が増え、世間の注目を集めるようになる。


b4.jpg
 ボブとジェームスのハイタッチ


b6.jpg
 ボブは子供たちにも大人気


 ジェームスはもう一つ、薬物依存症という問題を抱えていた。薬物依存から抜け出すために、公的な機関の手助けを受けるが、なかなかうまくいかない。しかし、同じ薬物中毒の仲間がある日、過剰摂取で亡くなってしまう。それをきっかけに、彼は薬物依存からの脱出を図るのだった。

b8.jpg


 薬物を断ち切るには、禁断症状と闘わなければならない。ベッドの上でのたうち回るジェームスを
じっと見守るボブ。猫という動物は、人間が苦しんでいるときは、必ずそばにいてくれる。決して人を見捨てるようなことはしないのだ。そしてジェームスはようやく薬物と手を切ることができた。

 それからはマスコミにとりあげられ、その半生を本にして出版し、上向きの人生をおくることになった。同じアパートに住む女性と友達になり、敬遠されていた父親とも再び関係が良くなっていく。

 この映画の主役は誰だろうか。ジェームスなのか、ボブなのか。私は猫好きなので、ボブにばかり目が行っていた。猫の果たした役割は本当に大きいものだと思う。猫と言葉で話すことはできないが、目と目やその鳴き声で通じ合える。人を傷つけることもなく人と寄り添ってくれる猫という生き物が、私は好きでたまらない。

原題:A STREET CAT NAMED BOB 監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:ルーク・トレッダウェイ、 ルタ・ゲドミンタス、 ジョアンヌ・フロガット、
アンソニー・ヘッドetc.
2016年 イギリス


nice!(22)  コメント(30) 
共通テーマ:映画