So-net無料ブログ作成

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男 [外国映画]

 ドリス・ヴァン・ノッテンの存在やファッションは全く知らなかったのですが、予告編を観て、いっぺんに好きになり、映画館へ行きました。広告を一切出さず、自己資金だけで活動する孤高のファッション・デザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”のドキュメンタリーです。


ド1.jpg
 このポスターの下の写真は、世界中に特注した生地のサンプルが、整然と並べられたアトリエ。

 2014年9月にパリのグラン・パレで開催された“2015春夏レディース・コレクション”の舞台裏から、2016年1月に念願のオペラ座で行われた“2016/17秋冬メンズ・コレクション”までの1年間に密着したフィルムで、とてもシンプルに彼の仕事ぶりや、何人かの業界関係者のインタビュー、自宅での生活などが描かれている。よくある裏舞台のスキャンダラスなところはまったくなし。


do3.jpgド2.jpg
 右がドリス・ヴァン・ノッテンです。左はモデル。

 オバマ前大統領夫人、ニコール・キッドマン、そしてアイリス・アプフェルなどのセレブリティをはじめ、世界中で愛される彼の服の魅力をその仕事の過程などから明らかしていく。
 彼のデザインを生み出していくインスピレーションの源は、自宅で手入れしている花々を愛で、自家栽培の野菜で料理することである。完全にリラックスして、パートナーでかつ会社のブレーンでもあるパトリック・ファンヘルーヴァ(男性)と過ごす時間なのだ。


ド3.jpgdo5.jpg


 その確かな才能はもちろんことだが、彼の人柄がすばらしく、スタッフにとても優しい感じだった。そして広告は一切せず、自己資金だけで活動し、手軽な小物やアクセサリーはいっさいつくらない。洋服だけで勝負する潔さが素敵だと思った。


 do4.jpg


 彼は25年間一度も休むことなく、メンズとレディースのコレクションを年4回発表してきた。根っからの職人気質の人なんだろう。そして、インドのコルタカに刺繍工房を構え、駐在員を置いて質の安定化をはかる徹底した完璧主義者でもある。シーズンごとに刺繍を取り入れることで、高い技術を持つ職人を保護したいのだそうだ。これらの考え方からも彼の人物像が浮かび上がってくると思う。ドリスの創作への情熱と信念に迫った監督は、「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」のライナー・ホルツェマー。

 私は今まで自分の感覚だけ服を選び、デザイナーがどんな人物であれ関心がなかったが、ドリス・ヴァン・ノッテンの人物像には心から惚れこんでしまった。そして彼の創る服を着てみたいと思った。
 以下に彼のコレクションから、私の好みの服をアップしておくので、どうぞお楽しみください。


do18.jpgdo6.jpg
do7.jpgdo16.jpg
do8.jpgdo13.jpg
do10.jpgdo15.jpg
do12.jpgdo14.jpg
do19.jpgdo20.jpg

原題:DRIES  監督:ライナー・ホルツェマー 出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、
パトリック・ファンヘルーヴァ、 アイリス・アプフェルetc.
2016年 ドイツ/ベルギー




nice!(23)  コメント(30) 
共通テーマ:映画