So-net無料ブログ作成
アート・カルチャー ブログトップ
前の10件 | 次の10件

黒田清輝展 [アート・カルチャー]

 京都文化博物館で開催していました「黒田清輝展」に今日行ってきました。最終日でした。そして念願の「湖畔」をじっくりと鑑賞してきました。すばらしい絵です。色は割合淡い感じなんですが、モデルの女の人が本当に美しく、魅せられました。そして湖と背景の風景もよく、構図もすばらしいと思いました。


黒田9.jpg


 この女性は黒田清輝の2人目の奥さんの照子さんです。(1人目とは離婚)でも籍を入れたのはずいぶんあとだそうです。すごく美しい人で、黒田画伯のお気に入りだったのだなと感じました。この絵のほかにも、照子さんをモデルにした絵が5,6枚(?)ありました。

 デッサンもたくさん展示されていて、年代を追っていく毎に筆力があがっているように、素人目にも見えました。(適当な画像なし)

 大作も制作していますが、焼失したものもかなりあるようです。次の「昔語り」という作品は、本物は焼失したのですが、下絵をたくさん製作していますので、それをアップしておきます。


黒田6.jpg
黒田10.jpg
黒田11.jpg


 ↑の3枚目の絵は、1枚目の下絵の舞子をクローズアップして描いたもので、最初柄物の着物に帯も柄が入っていましたが、完成品は1枚目の絵のように着物も帯も無地になっていたそうです。

 黒田は女性を描くのを得意としてように見受けられました。とても美しい絵が多いです。フランスに留学していたので、外国人女性の絵も色々ありました。


黒田3.jpg
黒田8.jpg
黒田12.jpg
この3枚目の後姿の絵は、とても心惹かれました。ブログ写真は色があまり良くないのですが。

 黒田がフランス留学中、パリ郊外の村グレー=シュル=ロワンに滞在してる時に描かれた「グレーの原」です。これは初公開だそうです。
 

黒田13.jpg
 

 他にも風景画や花を描いたいい絵がかなりありました。「ダリア」の小さい画像しかないのが残念です。


黒田16.jpg


 このほか、「智・感・情」という裸体画をめぐる論争を引き起こした名作もありました。これは3人の女性のヌードです。とても美しい絵でした。

 もっと早く行きたかったのですが、忙しかったので最終日に訪れました。お昼の3時半ごろ行ったので行くときは暑かったです。けれども帰るときは6時前で涼しい風が吹いていてさすがの京都も夕方は気持ちが良くいい気分で帰りました。



 











nice!(28)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アンドレアス・グルスキー展 [アート・カルチャー]

 大阪中之島の国立国際美術館で開かれている「アンドレアス・グルスキー展」へ行ってきました。


 グルスキー5.jpg
 国立国際美術館

 5月11日で終わりなので、かなり混んでいました。それも若い人がたくさん来ていて、熱心に一作品づつをゆっくりと鑑賞していました。この写真展の感覚の新しさを認識しました。


 これは岐阜県にあるスーパーカミオカンデという装置を題材にして、グルスキーが創りあげた作品。最先端の科学に導かれる現代社会のメタファーとして、私たちに圧倒的な印象を与えます。

グルスキー.jpg



 ロサンゼルスのディスカウントショップ。99セントの商品が並んだ店内を撮影し、各ショットにデジタル加工を施して作りあげられた消費社会のイメージ。超現実と非現実の間での美しいフィクション。


グルスキー1.jpg



 次はパリオートクチュールの会場を撮った作品。モデルの並び方が等間隔なので、デジタル処理してあると思います。色彩も美しく、好きな作品です。


グルスキー2.jpg

 

 北朝鮮の首都ピョンヤンで1年に1度開催される「アリラン」というマスゲーム大会。各自の個性は生かされていないようですが、近づいて見ると個々の表情の違い、微妙なポーズの差異が見受けられます。


グルスキー3.jpg



 このライン川は、グルスキーがランニングしているときに日常的に目にした光景を捉えた作品。デジタル処理により対岸の建築物は消してあるとのことです。寂しいほどすっきりとしていて、好みの作品です。


グルスキー4.jpg


 グルスキーは写真をそのまま作品として提出するのではなく、デジタル処理により自分のイメージに近づけて行くという作業をしているのです。だからとても具象的であり同時に抽象的でもあります。写真と絵画、現実と虚構との間で揺らいでいる作品群なのです。思いのほかとても面白く興味深い写真展でした。

 ブログ友のTaekoさんの記事もご覧ください。詳しく書いておられます。
 Taekoさんの記事:http://taekoparis.blog.so-net.ne.jp/2013-09-05
nice!(23)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

知られざるミュシャ展 [アート・カルチャー]

 京都の伊勢丹京都店「美術館えき」で開催中の「知られざるミュシャ展」へ行ってきました。


ミュシャ1.jpg


 以下、チラシに書いてあることですが、読みにくいので、ここに再度書いておきますね。
 アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。ミュシャは、オーストリア帝国の支配下にあった南モラヴィア地方(現、チェコ共和国)のイヴァン チッツェに生まれました。パリで1894年暮れに舞台女優サラ・ベルナールの公演「ジスモンダ」のポスターの制作依頼を受け、1895年新年、ポスターがパリの街頭に貼り出されるやいなや、ミュシャは一夜にしてパリ中の話題をさらい、画家として一気にスターダムにのしあがったのです。


ミュシャ4.jpg


 1900年のパリ万国博覧会でもパビリオンの装飾を任されるなど、アール・ヌーヴォーは別名「ミュシャ様式」とも呼ばれるほど、アール・ヌーヴォーの旗手としての地位を不動のものにしました。商業的成功を収めたミュシャは、1910年、故国モラヴィアに帰郷。1918年、チェコスロバキア共和国成立にあたってはほとんど無償で、紙幣、切手、国章などをデザイン、またプラハ市庁舎ホールの装飾を引き受けるなど、あらゆるジャンルにわたり多芸多才ぶりを発揮。パリの華やかな時代とは異なり、晩年は祖国への思いを描き続けました。本展では、チェコのチマル・コレクション(個人コレクション)を中心に、約160点の作品を展覧。日本でのチマル・コレクションの公開は初めてだそうです。


ミュシャ2.jpg


 私はミュシャが好きなのですが、展覧会にははじめて行きました。この装飾的な、すばらしく美しいリトグラフやポスターのほかに、油絵や肖像画などもあり、充実した展覧会となっています。油絵は(↑のチラシにも載っていますが)初めてみました。興味深かったです。特にチェコスロバキアの切手やポスターなどは珍しく、パリ時代とは一味違った雰囲気です。3月31日まで(会期中無休)。お好きな方はぜひご覧になったらいかがでしょうか。



nice!(18)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カンディンスキーと青騎士展 [アート・カルチャー]

 あまり抽象画は得意ではないのですが、カンディンスキーは以前から好きだったので、兵庫県立美術館に出かけてみました。

 20世紀初頭のドイツ・ミュンヘン。ロシア生まれの巨匠ヴァシリー・カンディンスキーは、仲間とともに斬新な絵画作品を生みだし、1911年、新しい美術運動を展開させるべくグループを結成しました。それが「青騎士」です。彼らは展覧会の開催や書籍の刊行を通して、モダン・アートの歴史に輝かしい足跡を残しました。

 この展覧会では、カンディンスキーの実質的な伴侶であった画家ガブリエーレ・ミュンター旧蔵の作品を中心に、ミュンヘン市立レンバッハハウス美術館が所蔵する世界屈指の青騎士コレクションのなかから、代表作を含む60点の作品と当時の写真や資料によってこの美術運動を紹介しています。

Kandinsky1.jpg
 ヴァシリー・カンディンスキー 「花嫁」 1903年


カンディンスキー2.jpg
 ヴァシリー・カンディンスキー 「コンポジションⅦのための習作2」 1913年


カンディンスキー3.jpg
 フランツ・マルク 「牛、黄ー赤ー緑」 1911年

 カンディンスキーの絵は色が美しく、はっきりとした色のコントラストが印象的です。またミュンターとヨーロッパを旅したときに描いた小さい風景画がたくさんあり、当時の青騎士の写真もあったりで、とても楽しい展覧会でした。

 カンディンスキーの絵が、だんだんと抽象画に移っていく様子も良くわかる展覧会でした。

 カンディンスキーはロシアに家族がいたものの、ガブリエーレ・ミュンターと意気投合し、彼らは実質的なパートナー関係にありました。カンディンスキーとミュンターは1909年から一緒にムルナウに住み、近くのジンデルスドルフにはマルクとカンペンドンクが居を構えました。

Muenter1.jpg
 ムルナウの家

 ミュンヘン新芸術家協会との諍いの後、カンディンスキーが協会を去った1911年から、カンディンスキーとマルクは協働して新たな芸術運動に精力的に取り組み、ムルナウのミュンターの家は土地の人々に「ロシア人の家」と呼ばれ、またたく間に青騎士の芸術家たちのたまり場となりました。1912年にはカンディンスキーとマルクの編集によって年刊誌『青騎士』第一巻が刊行されました。
 
 カンディンスキーとマルクの他に青騎士に加わったのは、マッケ、ミュンター、ヴェレフキン、ヤウレンスキー、クビンでした。パウル・クレーは公認のメンバーではなかったのですが、青騎士に非常に親近感を持ち、作品を出品しています。青騎士は描写することから解放された抽象絵画を生む母体となりました。

 しかし、第一次世界大戦(1914~)の勃発により、カンディンスキーはロシアへ戻らざるを得なくなり、1916年にはミュンターと別れたということです。そして青騎士のグループもバラバラになっていったのだそうです。

 以上の解説は展覧会のチラシとウィキペディアからのものです。

 カンディンスキーとミュンターの関係を思うに、芸術家と恋愛は切り離すことが出来ないもので、ほんとうのパートナーを得ることによって芸術家はそれを源として作品を生み出していくものなのだなあと、色々想像を膨らませながら、美術館を後にしました。

 
 
 

 
nice!(14)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ウフィツィ美術館自画像コレクション [アート・カルチャー]

 ソネブロアート部門の人気ブロガーTaekoさんの記事を読んで、ぜひ行きたいと思っていました。11月末に、大阪国立国際美術館に巡回してきたので行ってきました。

 ウフィツィ美術館は、イタリア・フィレンツェにある美術館です。これまで公開の機会が限られていた同自画像コレクションから約70点を厳選し、本格的に紹介する展覧会です。教科書に登場するような巨匠たちの素顔に迫るまたとない機会となります。(以上チラシより)

 今まで絵画はよく知っているけれど、画家の素顔はあまり知らなかったのですが、こういう人が描いていたのかと感慨深かったです。また絵画の横にその人の作品が小さい写真で展示されていたのも親切でいいと思いました。

 ウフィツィ2.jpg
 「ラヴィニア・フォンターナ/スピネッタの前の自画像」
 よく知らない画家ですが、肖像画がとてもきれいでした。スピネッタは楽器の名前でしょうか?



ウフィツィ6.jpg
 「モーリス・ドニ/家族といる画家の自画像」
 色彩がとても魅力的な絵でした。背景が風景なのも素敵です。



ウフィツィ4.jpg
 「ニコラ・ハヴァラーケン/花輪のなかの自画像(?)」
 美しい花輪のなかに、キャンバスを破って登場する画家。とてもおもしろい構図だと思いました。



ウフィツィ5.jpg
 「エリザベート・シャブラン/緑の傘を手にした自画像」
 これはシャブランが10代のときに描いた絵です。才能のほどが伺えますね。



ウフィツィ3.jpg
 「草間彌生」
 クサマは幼い時からスミレや犬と話したそうです。ユニークな絵です。



ウフィツィ7.jpg
 「マルク・シャガール/自画像」
 幻想的な絵で人気がある画家ですが、生涯妻を敬愛した人なのだそうです。


 このほかにも、レンブラント、アングル、キリコ、レオナルド・藤田、横尾忠則などの自画像があり、この人があの絵を描いたんだなと想像すると、とても楽しかったです。

 ウフィツィ美術館展は、来年の2月20日まで開催しています。

 
 国際美術館の付近でアイススケートリンクが設置され、クリスマスイルミネーションがきれいです。また歩いて5分くらいのところに「リーガロイヤルホテル」があります。ブログサイドのクリスマスの写真はリーガロイヤルのです。ここで豪華にディナーを食してもいいし、お茶だけでもリッチな気分になれること受けあいです。年末の多忙な時期に、ひとときの安らいだ時間を過ごしてはいかがでしょうか。

 この美術展の詳しい解説は、記事トップのTaekoさんのブログを参考になさってくださいね。
 


 



 

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

横尾忠則全ポスター展 [アート・カルチャー]

 大阪国立国際美術館で開催中の「横尾忠則全ポスター展」に行ってきました。


横尾2.jpg


 作品は横尾さんが高校生のころのポスター(上のチラシの中の「西高祭」のポスター)やごく初期の貴重なポスターから、個性あふれる数々のすばらしいポスターが一堂に介し、大変見ごたえがありました。800点超の作品群でした。改めて横尾忠則というアーティストの才能を思い知りました。

 初期のポスターはデザイン的にはとてもきれいなんですが、横尾さんの強烈なイメージはまだぜんぜん感じられなかったです。

 状況劇場の唐十郎、天井桟敷の寺山修司などの時代を象徴する名前がポスターにでていて、懐かしさを感じました。また三島由紀夫のポスターも色々あって、ファンとしては嬉しく思いました。それから猿之助スーパー歌舞伎のポスターもたくさんありました。よく観にいったなあと思い出に浸りました。
 そのほか、時代に活躍した芸能人や歌手の演劇やコンサートのポスターなどがたくさんありました。西城秀樹のポスターもありましたよ。
 横尾さんはピカソの回顧展をニューヨークでみてから「画家宣言」をして、一時油絵なども描いていました。でも結局はグラフィックに戻っていったようです。
 他にも様々なポスターがあり、絵画もありと盛りだくさんでこちらもみるのに体力がいる展覧会でした。

 色の洪水のような展覧会をあとに、一歩美術館から出るといまだに真夏そのものの日差しがギラギラしていて、横尾さんの作品はまさに真夏にふさわしく思えました。

 展覧会は9月12日曜までです。興味のある方はいってみられてはいかがでしょうか。
nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ボストン美術館展(京都市美術館) [アート・カルチャー]

 今日は全国的に今年一番の暑さだったようです。そんな中、京都に用事があったので、ついでに京都市美術館で開催中のボストン美術館展に行ってきました。この暑さの中、美術展は平日にもかかわらずたくさんの人でにぎわっていました。


100720_1617~01.jpg
京都市美術館

100720_1616~01_0001.jpg


100720_1617~02_0001.jpg
前方の低い山は東山です。緑がほんとうにきれいでした。京都の緑は他の土地の緑とはちがって、澄んだ緑という感じがします。


 この美術展のキャッチコピーは、「名画のフルコースをどうぞ」というもの。本場のボストン美術館が改装中なので、80点もの名画が貸し出されたのだそうです。

 
ボストン2.jpg



 肖像画としては、レンブラントの作品がなんといってもすばらしかったです。全身肖像画で、一対になっています。モデルはオランダ人の牧師夫妻。顔の表情がとても魅力的で活き活きとしていました。レンブラント28歳のときの作品で、天才的な才能の持ち主だったことがよくわかります。ほかにも色々な画家の魅力的な肖像画がたくさんありました。
 
 19世紀のフランス絵画が名品ぞろいであったのもすばらしかったです。特によかったのは、ドガの「田舎の競馬場にて」という風景画で、競馬場と人の乗った馬車と、空がキャンパスの中でほぼ同じ分量で描かれ、それが絶妙のバランスを保っていました。これは、ドガの第一回印象派展出品作品なのだそうです。
 また↑のクロード・モネの「アルジャントゥイユの自宅の庭のカミーユ・モネと子ども」という作品は、明るく美しく品もあって、観る人を幸せな気持ちにさせずにはおかない、魅力的な絵でした。
 それにルノワールの「日傘をさした女性と子ども」は、あのルノワールの流れるようなタッチと色彩の微妙な美しさが際立っていました。


boston4.jpg


 そして、モネ・コレクションから10点もの名品が展示されていて、一室全部がモネの風景画でした。こんな幸せなことはありません。変化する風景の色彩のある時間を画面にくぎづけした絵です。すばらしい作品ばかりで、何度も行きつ戻りつしてモネの世界を楽しみました。

 また、宗教画もかなりの数の作品が展示されていました。今回はイタリアのヴェネツィア派とスペイン絵画から選ばれたそうです。このなかでは、エル・グレコの「祈る聖ドミニクス」が印象的でした。

 風景画の系譜として、ライスダールの「森林の眺め」(日本初公開)、コンスタンブルの「ストゥア谷とデダム教会」(日本初公開)、そして、大好きなピサロのすばらしい数枚の風景画がありました。ピサロのなかでは、「ボントワーズ、道を照らす陽光」が好きでした。シスレーのも素敵でした。

 また、ジャン=フランソワ・ミレーの「馬鈴薯植え」も素朴ながら非常に魅力的な絵でした。ゴッホの風景画も力強いタッチとくっきりした色使いが美しかったです。

 またピカソの抽象画も一点あり、ブラックの静物画のモダンな色彩とタッチがよかったし、マチスの楽しい自室の絵もありました。天才たち47名の名作を前に、いつまでもそこを去りたくないという気持ちでした。

 絵画の写真がほとんどアップできなかったので、朝日新聞の記事をご覧ください。

 アドレス:http://www.asahi.com/boston/intro/

ボストン美術館展は8月29日曜まで京都市美術館で開催しています。ぜひ名画のフルコースを味わって暑さを忘れてください。



 


nice!(17)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

にゃんとも猫だらけ展 [アート・カルチャー]

 JR京都伊勢丹7階の美術館「えき」で催されている浮世絵の中の猫展に行ってきました。


にゃんとも展.jpg


 犬と並び、動物の中でも最も人と寝食を共にするのが猫です。この展覧会は、浮世絵の美人画の中に描かれたかわいい猫や、擬人化された猫、歌舞伎の人気役者の似顔絵で人間らしく振舞い、物語の怪猫や魔物として登場する猫など、さまざまな浮世絵の中の猫が描かれ、とても興味深い展覧会でした。

 江戸の昔から猫は、「黒より黒き毛に雪より白きぶち猫、燃え立つ緋縮緬の首玉かけしを美しき娘抱きたるは、牡丹に蝶のとまりたるがごとし」(「黒より黒い毛、雪よりも白いぶち猫、美しい娘が抱いた鮮やかな赤い色の縮緬の首輪をかけた猫などは、牡丹に蝶がとまっているようだ。」『猫の草紙』初編
とたたえられています。
 猫という動物が人間にどんなに愛されてきたか、また人の孤独を慰めてきたかがわかります。そしてまた、そのミステリアスなわかりにくい本性ゆえに、怪猫としても演劇や絵画や本の中に大いに取り上げられてきました。

 この浮世絵展をみて、改めて浮世絵という絵画のすばらしさを堪能するとともに、歌舞伎が庶民の身近な演劇だったことがよくわかりました。  

 ただ単に、浮世絵の中に猫が描かれていて珍しいということ以上に価値のある展覧会だと思います。

 猫好きの方、必見ですよ。7月11日曜までです。会期中は無休です。


                                                         


 このあと四条河原町へ移動し、京都高島屋の「キャピタル東洋亭」でお食事。ここは京都で有名な洋食屋さんで、高島屋の食堂街に入っています。

 ハンバーグ定食ですが、ここのはアルミホイルで包んであり、熱々でおいしいのです。

 まずは小ぶりのトマトを1個使ったトマトサラダ。

キャピタル東洋亭1.jpg


 お次が、熱々ハンバーグ。クレソンと大きなジャガイモのバターのせが添えてあります。ジャガイモも熱々で美味。

キャピタル東洋亭2.jpg

 これにライスかパンがついて、1155円也。

 この後イノダコーヒーに行って、コーヒーを飲みたかったのですが、四条河原町付近にはないとのことでまた次回に行くことにしました。

 高島屋の地下で京都のお惣菜や和菓子を買って帰宅。楽しい一日でした。
nice!(17)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マリー・ローランサン展 [アート・カルチャー]

 マリー・ローランサンは大好きな画家だ。今回の美術展は、ローランサン生誕125周年を記念し、長野の蓼科にある世界的に有名な「マリー・ローランサン美術館」所蔵の油絵、水彩、版画など約90点の作品を通し彼女の生涯を回顧する展覧会である。会場は、大阪天保山のサントリーミュージアムである。

 エコール・ド・パリを代表する女性画家、マリー・ローランサン(1883-1956)。彼女はベルエポックのパリに育ち、ピカソを中心としたエコール・ド・パリの画家たちと交流しながら画家の道を歩みはじめる。当初はキュビズム的な傾向の作品を描いてた。

Mローランサン2.jpg
 自画像(1908年)

 これなどは、ローランサンのイメージとはまったく違うキュビズムの画風なので、大変驚いた。このほか、やはりキュビズムの手法で、パブロ・ピカソの横顔を描いた絵もあった。どんな天才も、自分の画風を確立するのに、いろいろな道を通るのだなと思った。 


 ローランサンの色はバラ色・灰色・青色など淡い色調である。そして優美な女性たちを描き続けた。彼女は独自の作風を確立し、自立した女性画家として初めて認められた女性でもあるのだそうだ。

Mローランサン3.jpg
Mローランサン4.jpg
 らっぱをもって(1929年)

 まさに、ローランサンの色と形。彼女の画風とは裏腹に、生活の中では詩人アポリネールとの情熱的な恋と別れを経験し、(アポリネールの有名な詩「ミラボー橋」は、ローランサンとの別れの後書かれたものだそうだ。)その後、ドイツ人男爵と結婚したが、戦争によってスペインへの亡命生活をよぎなくされる。そして、スペインで貴族の女性の援助をうけていたのだそうだ。そしてその女性とは「きわめて親密な仲」であったということだ。その後、ドイツ人男爵とは離婚。かなり波乱に満ちた生涯をおくった人だった。

Mローランサン1.jpg
 モンテスパンとラヴァリエール(1952年頃)

 上の3枚の写真のような作品が数多く展示されていて、その美しさにうっとりし夢見心地となった。写真をあまりアップできなかったのが、残念だ。

 ローランサンは、一冊だけ「夜の手帳」という詩集もだしている。そのオリジナル版も展示されていた。↓は、私が偶然古本屋で以前買っていた、翻訳版の詩集「夜の手帳」である。ロマンチックな詩と短いエッセイが書かれている。古い本なので、中の絵が白黒なのが残念だ。

080508_1005~01.jpg

 展示を見終わってから、ミュージアムショップで図録をはじめ、絵葉書や一筆箋、クリアファイルなどを買い込んで、5000円ほど使ってしまった。[あせあせ(飛び散る汗)] 大阪のサントリーミュージアムでの展示は5月11日(日)まで。

 ところで、サントリーミュージアムは大阪港に面して建っている。外観は以下のような感じだ。

080507_1339~01.jpg080507_1338~01.jpg

080507_1154~01.jpg

 この日はいいお天気で気持が良かった。
 
nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ロートレック展 ~パリ、美しき時代を生きて~ [アート・カルチャー]

 大阪港天保山の「サントリーミュージアム」で開催中の「ロートレック展」を見に行ってきた。今回の展覧会の特色は、グラフィック・アーティストとしてのロートレックの全貌を見ることができるところだ。
 私は昔からロートレックのポスターが大好きだった。モダンでセンスのいいポスターと版画は、代表作だけを厳選した130点、ふだんあまり展示されることのない雑誌挿絵約20点、さらに保存上の理由からほとんど公開されることのない素描20数点と非常に充実した内容だった。それに加えて、24点の油彩画は、いずれも名品ぞろい。特にオルセー美術館所蔵の、日本初公開をふくむ7点の油彩がまとまって出品されていた。

 ロートレックは貴族の家系に生まれながら、ダンスホールや劇場、娼婦など19世紀末パリの歓楽の世界に入り浸り、そこに暮らす人々の姿を描き出した画家である。
 人物達の表情は必ずしも美しいわけでなく、華やかな表面とは裏腹に見ようによっては醜いとも取れるような表情をしている。これはロートレックが対象の本質を見抜く鋭さをもっていて、また自分自身が10歳のとき両足の骨折により、成長が止まってしまったというハンディキャップをもっていたことと無関係ではないと思う。特に油絵は全体に暗く、ポスターや版画の明るいモダンさとは対照的だった。


女道化師シャ=ユ=カオ

 ポスターは色々な本や図録で見たことのあるものがたくさんあって、本物が見れたことが嬉しかった。想像していたより大きいサイズのものが多かった。今これらを何かのポスターとして使ったとしても、まったく古さを感じないだろう。それは一体なぜなのだろうか。秋の夜長に考えたいテーマである。
 このときのお供はワインとチーズがいいだろうか。それともブランデー(あまり飲んだことがないが)とチョコレート?いや、やはり日本人なら熱燗と土瓶蒸しが最高かしら……。芸術談義はどこへやら。(笑)


 


nice!(12)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | 次の10件 アート・カルチャー ブログトップ