So-net無料ブログ作成
外国映画 ブログトップ
前の10件 | -

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男 [外国映画]

 ドリス・ヴァン・ノッテンの存在やファッションは全く知らなかったのですが、予告編を観て、いっぺんに好きになり、映画館へ行きました。広告を一切出さず、自己資金だけで活動する孤高のファッション・デザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”のドキュメンタリーです。


ド1.jpg
 このポスターの下の写真は、世界中に特注した生地のサンプルが、整然と並べられたアトリエ。

 2014年9月にパリのグラン・パレで開催された“2015春夏レディース・コレクション”の舞台裏から、2016年1月に念願のオペラ座で行われた“2016/17秋冬メンズ・コレクション”までの1年間に密着したフィルムで、とてもシンプルに彼の仕事ぶりや、何人かの業界関係者のインタビュー、自宅での生活などが描かれている。よくある裏舞台のスキャンダラスなところはまったくなし。


do3.jpgド2.jpg
 右がドリス・ヴァン・ノッテンです。左はモデル。

 オバマ前大統領夫人、ニコール・キッドマン、そしてアイリス・アプフェルなどのセレブリティをはじめ、世界中で愛される彼の服の魅力をその仕事の過程などから明らかしていく。
 彼のデザインを生み出していくインスピレーションの源は、自宅で手入れしている花々を愛で、自家栽培の野菜で料理することである。完全にリラックスして、パートナーでかつ会社のブレーンでもあるパトリック・ファンヘルーヴァ(男性)と過ごす時間なのだ。


ド3.jpgdo5.jpg


 その確かな才能はもちろんことだが、彼の人柄がすばらしく、スタッフにとても優しい感じだった。そして広告は一切せず、自己資金だけで活動し、手軽な小物やアクセサリーはいっさいつくらない。洋服だけで勝負する潔さが素敵だと思った。


 do4.jpg


 彼は25年間一度も休むことなく、メンズとレディースのコレクションを年4回発表してきた。根っからの職人気質の人なんだろう。そして、インドのコルタカに刺繍工房を構え、駐在員を置いて質の安定化をはかる徹底した完璧主義者でもある。シーズンごとに刺繍を取り入れることで、高い技術を持つ職人を保護したいのだそうだ。これらの考え方からも彼の人物像が浮かび上がってくると思う。ドリスの創作への情熱と信念に迫った監督は、「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」のライナー・ホルツェマー。

 私は今まで自分の感覚だけ服を選び、デザイナーがどんな人物であれ関心がなかったが、ドリス・ヴァン・ノッテンの人物像には心から惚れこんでしまった。そして彼の創る服を着てみたいと思った。
 以下に彼のコレクションから、私の好みの服をアップしておくので、どうぞお楽しみください。


do18.jpgdo6.jpg
do7.jpgdo16.jpg
do8.jpgdo13.jpg
do10.jpgdo15.jpg
do12.jpgdo14.jpg
do19.jpgdo20.jpg

原題:DRIES  監督:ライナー・ホルツェマー 出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、
パトリック・ファンヘルーヴァ、 アイリス・アプフェルetc.
2016年 ドイツ/ベルギー




nice!(23)  コメント(28) 
共通テーマ:映画

スターウォーズ/最後のジェダイ [外国映画]

 ついに観てきました!かなり出遅れましたが、シリーズ第8作、すごく面白かったです!ルーク・スカイウォーカーもレイア姫も年をとりましたが、ルーク(マーク・ハミル)はそれなりに味が出て、貫禄すら感じました。レイア姫(キャリー・フィッシャー)も美しくお年を召しましたね。生身の俳優としては、これが最後の出演となったのが何とも残念です。


SW1.jpgSW2.jpg


 SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」サーガの新3部作の幕開けとして2015年に公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のその後を描く続編。ついにフォースを覚醒させ、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイ(デイジー・リドリー)を待ち受ける驚愕の運命と、ファースト・オーダーとレジスタンスの戦いの行方を描く。


SW15.jpg


 レイア将軍(キャリー・フィッシャー)率いるレジスタンスはファースト・オーダーの猛攻に晒され、基地を手放し決死の脱出を図る。その頃、レイ(デイジー・リドリー)は伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)を連れ戻そうと説得を試みていた。あるトラウマから心を閉ざし、ジェダイの訓練を請うレイに対しても頑なな態度を崩そうとしないルークだったが…。


SW9.jpg
 デイジー・リドリー

 レイア姫やルーク・スカイウォーカーが登場すると、なんだか安心します。第一作からの登場人物なので、なじみが深いですからね。今回はレイア将軍ですが、とても魅力的な感じでしたよ。一方ルークは、惑星オクトーで隠遁生活を送っているのですが、髭面がよく似合っていて、貫禄すら感じました。


SW12.jpg
 マーク・ハミル

 ところで、そのルークの住んでいるオクトー星に生息するキャラクター、「ポーグ」が登場。この鳥のようなクリーチャーは小柄なサイズに丸みを帯びたボディ、フサフサの毛並み、さらにまん丸でつぶらな瞳という最高の可愛さを持ったキャラです。この子は最後の方で「ミレニアム・ファルコン号」にチューバッカと一緒に乗り込むんですよ。今作ではそれほど目立つ活躍はなかったんですが、次作で何かやりそうな予感が!楽しみです。


SW14.jpg
 新キャラクター「ポーグ」


 それから、特筆すべきはカイロ・レンことアダム・ドライヴァーがいままでよりも、カッコよかったこと。悪の塊の役ですが、迫力がありそのワルぶりは凄かったですよ。


 SW17.jpg
 アダム・ドライヴァー


 役者も出演作によって成長するのだなぁと感慨深かったです。とにかくあまり色々書くよりも、まだの方は、映画をご覧ください。みるっきゃない!ですよ。

SW6.jpg

原題:STER WARS: THE LAST JEDI 監督:ライアン・ジョンソン 出演:マーク・ハミル、
キャリー・フィッシャー、 アダム・ドライバー、 デイジー・リドリー、
ジョン・ボイエガetc.
2017年 アメリカ






 
nice!(22)  コメント(32) 
共通テーマ:映画

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード [外国映画]

 音楽家アマデウス・モーツァルトの生誕260年を記念して製作されたヒューマンドラマ。1787年、モーツァルトがプラハで『ドン・ジョヴァンニ』を作曲したという史実に着想を得て、彼と新進女性オペラ歌手の恋愛、そしてそれにからむ人間関係を描いています。今回のモーツァルトは先の映画「アマデウス」のときの奇異な人物とは違い、人間的な魅力にあふれたハンサムな人物像です。アナイリン・バーナードが演じています。


puraha1.jpg


 1787年、プラハではモーツァルト(アナイリン・バーナード)のオペラ『フィガロの結婚』が大ヒットしていた。そこで地元の名士たちはモーツァルトをプラハへと招き、新作オペラの作曲を依頼することにした。折しもモーツァルトはウィーンで三男を病で亡くし、失意のどん底にいた。そこで彼はこの招きに応じ、プラハの友人ヨゼファ夫人(サマンサ・パークス)の邸宅に逗留し、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作『ドン・ジョヴァンニ』の作曲に取りかかる。


puraha3.jpg
 スザンナとモーツァルト

 そんな中、モーツァルトは『フィガロの結婚』のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手スザンナ(モーフィッド・クラーク)と出会い、心奪われるモーツァルト。しかしスザンナのことは、オペラのパトロンであるサロカ男爵(ジェームス・ピアフォイ)も狙っていたのだった。


puraha5.jpg


 このサロカ男爵というのが、悪い男で権力を笠に着て次々と女性を我ものにして行くのだ。そしてスザンナもその犠牲に……。


puraha4.jpg
 仮面舞踏会のモーツァルト

 モーツァルトもスザンナを助けようとしたが、彼女の両親がサロカ男爵と娘スザンナの結婚に賛成で、サロカ男爵がどんなに恐ろしい男か、まったく見極めず、スザンナの訴えにも耳を傾けることがなかったので、どうしようもなかったのである。こうしてモーツァルトは、サロカ男爵をイメージにして「ドン・ジョヴァンニ」を創りあげていく。
 そしてオペラ「ドン・ジョバンニ」は大成功をおさめ、モーツァルトは舞台の上にスザンナの幻をみるのだった。

 この作品はストーリーがラブロマンスで、悪者のサロカ男爵が登場するのでかなりはっきりとわかりやすい物語になっており、面白く観ることができた。映画の中のオペラがすばらしく、人間の声というものが、こんなにも美しいものかと感激した。

 子供を亡くして保養地で療養していた妻がモーツァルトのもとに戻ってくる。彼はスザンナ亡きあと消耗していたが、妻の手厚い看護と采配のお蔭で立ち直るのであった。やはり男の人には奥さんが一番なのでしょうね。(笑)

 この頃映画でオペラを観ることができるので、そのうち観てみたいと思っています。

原題:INTERLUDE IN PRAGUE 監督:ジョン・スティーヴンソン
出演:アナイリン・バーナード、 ジェームス・ピュアフォイ、 サマンサ・パークス、
モーフィッド・クラーク
2017年 イギリス/チェコ


 


 

nice!(21)  コメント(26) 
共通テーマ:映画

オリエント急行殺人事件 [外国映画]

 アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルズ、ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。監督はケネス・ブラナーでポアロ役も演じています。どうです、次の写真のキャスティングの豪華なこと!やはりケネス・ブラナーだからこそ、集めることができた俳優陣といえるでしょうね。


オリ2.jpg


  最初の場面はエルサレムで、ここの教会で遺物が盗まれそれを見事に解決したのが、名探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)だった。彼は他の事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇のを切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。


オリ4.jpg


 そして、乗客の一人アメリカ人富豪ラチェット(ジョニー・デップ)から、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、彼の横柄な態度にこれをあっさりと断る。ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害される。


オリ1.jpg


 鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する。しかしやがて、乗客全員にアリバイがあることが明らかになるのだったが…。

オリ3.jpg
 ミシェル・ファイファー


 ケネス・ブラナー演じるエルキュール・ポアロのあごのところにちょっとついているヒゲが気になってしかたなかったのだが、ストーリーが進むにつれて、気にならなくなった。やはりケネス・ブラナーは上手いなと思った。彼は若い時、面白いミニシアター系の作品をたくさん作っていたのでファンだった。今や大御所ですね。

 それからジョニー・デップはやはりカッコよかった。憎々しい感じの大金持ちを演じていたのだが、出番が少なくても印象に残る役者だ。今も頑張って面白い作品に出続けているからでしょう。

 ぺネロべ・クルズは本当に美しかった。とても魅力的な女優さんだと思う。ミシェル・ファイファーも久しぶりに観たが、上手くていい感じだった。

 オリエント急行が雪崩で急停車するところなど、ちょっと怖い感じだったが、これはSFXなのだろうか。よくできていた。

 ストーリーはおなじみの物なのに、面白かった。出演者が観客に馴染のベテランが多く、しかもそれをケネス監督が上手く各々を生かすよう演出していたので、そのお蔭でいい作品になっていたと思う。ケネスのベテラン俳優に対するオマージュだろう。改めてケネス・ブラナーの力量を感じた。最後に事件を解決したポアロのもとにまた仕事の依頼がきていたので、続編も創られるようだ。とても楽しみです。付け加えると、エンドロールに流れる女性ボーカルの歌がすばらしく、調べてみたらミシェル・ファイファーらしいです。このCDが欲しいと思っています。


原題:MUDER ON THE ORIENT EXPRESS  監督:ケネス・ブラナー  
出演:ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ペネロペ・クルズ、ウィレム・デフォー、
ジュディ・デンチ、ジョシュ・ギャッド、ミシェル・ファイファー、デレク・ジャコビ、
セルゲイ・ポルーニンetc.
2017年 アメリカ



 


 
nice!(20)  コメント(26) 
共通テーマ:映画

猫が教えてくれたこと [外国映画]

 猫の街として知られるトルコの古都、イスタンブールで暮らす猫たちの自由きままな生活ぶりや人々との暖かい関係性を捉えたドキュメンタリーです。

neko5.jpg

 地上から10センチメートルしか離れていない地面すれすれのカメラを使い、猫の目線でイスタンブールの街並みを映し出す。色々な国でヒットを記録した作品。

 ヨーロッパとアジアをつなぐ地として、数千年に渡って、反映してきたトルコの古都イスタンブール。そこでは住民たちが外猫(そとねこ:一定の住居に定住しない猫)に食料や寝床を与える文化があった。

 
neko3.jpgneko4.jpg
 サリ:子どもにエサを運ぶために、人間に食べ物をせがんだり、盗んだり、あさったりする。
 ブティックのオーナーがサリのサポーター。



neko1.jpgneko7.jpg
 デュマン:高級レストランの経営者と仲が良く、ちょっと太り気味なので、ダイエットさせられた。決して店に入らず、店の窓から中をのぞき、ガラスをカリカリやって食べ物を要求。けれども、ごみ箱をあさったりもして、野良猫であることを証明する。



neko12.jpg 
 ペンギュ:灰色のトラ猫ペギュンは、工場地帯で暮らしていて、金属やチェーン、ロープに囲まれている。硬くて冷たいものと対照的な猫は働く男たちの心を捉え、行く先々でゴロゴロとのどを鳴らして、皆を元気にして人間の生活に溶け込んでいるのだ。



neko10.jpg
 アスラン・パーチャシ:ボスボラス海峡のアジア側の海岸に位置する魚料理のレストランには、守護神のアスランがいる。彼は「小さなライオン」と呼ばれていて、ネズミを追い払うという大事な仕事を担っているのだ。アスランがいるだけで、ネズミは遠ざかる。



neko8.jpg
 ガムシズ:個性的なアーティストが多く住む猫天国、ジハンギルを根城にしている賢い猫。多くの人に可愛がられているが、特にパン屋と女優からは特別扱いを受けている。

 ほんの一部の猫しか紹介できなかったが、監督はイスタンブール出身の女性監督ジェイダ・トルン。幼少期から街の猫に親しんでおり、この作品を通して、映画を観た人が「猫を撫でたい、イスタンブールへ行きたいと感じてもらえればと願っています。」と言っている。原題の「Kedi」はトルコ語で猫を意味する。もちろん、私もイスタンブールという魅力的な街へ行ってみたいと強く思った。

neko9.jpgneko6.jpg

原題:KEDI   監督:チェイダ・トルン  出演:イスタンブールの猫と人々
2016年 トルコ/アメリカ






nice!(16)  コメント(22) 
共通テーマ:映画

ブレード・ランナー2049 [外国映画]

 待望の「ブレード・ランナー」の続編ということで、観に行ってきました。前作(35年前)の予習なしでしたので、ちょっとわかりにくいところがありましたが、なかなか凝った仕上がりだったと思います。


br1.jpg


 2049年、カリフォルニアは貧困と病気が蔓延していた。労働力として人間と見分けのつかないレプリカント(人造人間)が製造され、人間社会に溶け込む中、人類への反乱を目論み社会に紛れ込んでいる違法な旧レプリカントは、ブレードランナーと呼ばれる捜査官が取り締まり、2つの社会の均衡と秩序を守っていた。
 人造人間レプリカントは、本来は宇宙開拓の最前線で人類に代わって過酷な奴隷労働に従事する存在だった。しかしある日、人間を殺して逃亡したレプリカントが現れたことから、ブレードランナーとレプリカントの追跡劇が繰り広げられていく。


br2.jpg


 LA市警のブレードランナー・K(ライアン・ゴズリング)はある事件の捜査中に、レプリカント開発に力を注ぐ科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の巨大な陰謀を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていたデッガード(ハリソン・フォード)にたどり着く。


br4.jpg


br7.jpg


 前作の主人公デッカード(ハリソン・フォード)は、レプリカント(アンドロイド)を「引退」させることが役目の特別捜査官「ブレードランナー」だった。デッカード自らがレプリカントであることが示唆されていて、また、リドリー・スコット自身もデッカード=レプリカントだと何度か公言している。
 ただ、劇中で登場する前作のレプリカント「ネクサス6」は寿命が4年しかもたないため、『ブレードランナー』の時代設定である2019年から続編『ブレードランナー 2049』の時代設定である2049年までの30年間は到底生きながらえることはできない。デッカードがより進化したタイプの「ネクサス7」や「ネクサス8」である可能性もある。


br8.jpg


 今作のドゥニ・ビルヌーブ監督は、「デッカードはレプリカントか?」という質問に「必ずしもそうではない」と答えている。長らく「デッカードは人間か? レプリカントか?」の論争が続いた『ブレードランナー』だが、インタビューでビルヌーブ監督は、『ブレードランナー 2049』でも最初の『ブレードランナー』にあったようなミステリーと緊張感を保ちたいとも語っていることからも、デッカードの正体は(今のところは)わざと曖昧にしておきたいのだろう。

 と、ここまで書いてきて、果たしてこのブログを読んでくださっている方は理解できただろうかと思います。映画を観ていても謎が多いです。


br3.jpg


 新作の監督ドゥニ・ビルヌーブは映像に凝る人で、映画のセットはグリーンバック(CG)を使わずに、現実的なセットで撮影したとのこと。そうすることで俳優たちのやる気を引き出すことができたそうだ。映像に関してはまず文句のつけようがないくらいすばらしかった。

 けれどもストーリーのほうはどうだろうか。最後に謎が残る展開になっている。まだ続編ができそうだなという感じがした。こういう映画は観客の好き嫌いが二分されるような気がする。私はこの映画の終わり方があまり好きではない。私はハピーエンドがすきなので。


br6.jpg


 俳優陣はとてもよかったです。主演のライアン・ゴズリングをはじめ、彼の恋人ジョイ役のアナ・デ・アルマス、もちろんデッカード役のハリソン・フォードもね。ハリソンは昔出演した映画に再出演が多いですね。

 この作品は監督のこだわりが凄かったと思います。これを面白いとみるか、長すぎる(163分)と感じるかは観てのお楽しみですよ。

原題:BLADE RUNNER  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  製作総指揮:リドリー・スコット
出演:ライアン・ゴズリング、 ハリソン・フォード、 アナ・デ・アルマス、 
シルヴィ・ワークス、 レニー・ジェームス
2017年 アメリカ


 

nice!(24)  コメント(30) 
共通テーマ:映画

miniなできごと22 ジョニー・デップのDior-Sauvage [外国映画]

 こんなの見つけました!皆さんはご存知でしたか?ジョニー・デップのDiorのコマーシャルです。
こんなカッコイイCM、私見逃していたのかしら? ダメですね。

https://www.youtube.com/watch?v=LnoumTpLMfk

 「シザーハンズ」以来のジョニデファンで、ほとんどの作品を観ています。ジョニー・デップへの好きな気持ちは全く変わりません。男優の中でダントツ1位です。彼のたくさんの作品の中から、自分の好きな作品を選ぶには時間がかかりますので、それはまたの機会にします。

Johnny DeppのPhotoes イッキ載せ!

j10.jpgj2.jpgj1.jpgj2.pngパブリック・エネミーズ1.jpg
j3.jpgj4.jpgj5.jpgj6.jpgj7.jpg
j8.jpgj11.jpgj12.jpgj13.jpg



 女優さんも好きな人はいっぱいいるんですが、今一番好きなのは、ナタリー・ポートマンです。けれども、女優さんはその時々で、好きな人が変わっていきます。2位以下はほとんど横並びですね。

 このDiorのCM、ジョニー・デップ、ナタリー・ポートマン、シャーリーズ・セロンそしてクリスティン・ステュワート(シャネル)のを観ていて、やはり美男美女のモデルを起用しているものとは、ぜんぜんインパクトが違うと感じました。それはセリフが違うということだと思います。俳優はその役になりきって、ストーリーを演じますので、印象が強いですよね。また、俳優そのものの存在感や魅力もありますから。
 演じるというより、体当たりで役になりきることが、私達にうったえかけてくるのかな、なんて。また色々な俳優さんがCMに出演してくれることを心待ちにしています。






 

nice!(26)  コメント(31) 
共通テーマ:映画

ドリーム [外国映画]

 わかりやすく興味深い映画だった。1960年頃優秀な黒人女性3人が、人種差別が当然のように行われていたアメリカで、NASAの宇宙開発チームで計算手として働き、多大な貢献をするというストーリーである。


どり1.jpg
 メアリー、 キャサリン、 ドロシーの仲良し3人組み

 1961年、東西冷戦下のアメリカとソ連は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な黒人女性たちが計算手として西計算グループで働いていた。


どり2.jpg


 幼いころから数学の天才少女と呼ばれていたキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は黒人女性として初のハリソン(ケヴィン・コスナー)率いる宇宙特別研究本部に配属されるが、白人男性ばかりの職場の雰囲気はとげとげしく、そのビルには有色人種用のトイレもなかった。

どり8.jpg

 そんな職場の空気の中、家庭を持ち、子供もいるが夫に先立たれたキャサリンは頑張って働いていていた。そして国家の威信をかけたマーキュリー計画に貢献しようと奮闘した。

 1961年4月12日、ソ連はユーリ・ガガーリンを乗せたボストーク1号で史上初の有人宇宙飛行を成功させる。ソ連に先を越されたNASAへの猛烈なプレッシャーのなか、キャサリンはロケットの打ち上げに欠かせない複雑な計算や解析に取り組み、その実力をハリソンに認められ、宇宙特別研究本部で中心的な役割を任される。
 そのときに、ハリソンがキャサリン用のトイレが本部ビルのなかにないことに気づき、斧で「白人専用」と書かれたトイレの看板を、皆の目の前ではずしてくれた。


どり3.jpg



  キャサリンの友人の、計算手チームのリーダーだった黒人女性ドロシーは、新たに導入されたIBMのコンピュータを使ったデータ処理の担当に指名され、同じくメアリーは裁判所への請願が実り、白人専用だった学校で技術者養成プログラムを受けるチャンスを得る。


どり7.jpg


 3人の子供をひとりで育てていたキャサリンは、教会で出会ったジム・ジョンソン中佐(マハーシャラ・アリ)のプロポーズを受ける。


どり5.jpg

 1962年2月20日、宇宙飛行士ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道飛行に挑む日。打ち上げ直前に想定外のトラブルが発生し、すでに職務を終えて宇宙特別研究本部を離れていたキャサリンに、コンピュータには任せられない重大な計算が託される……。

どり6.jpg
 宇宙飛行士ジョン・グレイン(グレン・パウエル)は黒人女性を差別せず、その働きに礼を言う。それにしても、宇宙飛行士って本当に危ない仕事ですね。その勇気に敬服します。 


NASAで黒人女性がこんなにも活躍していたとは、全く知りませんでした。米国の黒人差別はすごかったんですね。(今もすごい?)キング牧師も人権運動している様子が、ちらと映像で出てきます。黒人の主役のキャサリンことタラジ・P・ヘンソンを初め、ドロシー役のオクタヴィア・スペンサー、メアリー役のジャネール・モネイも上手かったですよ。
 差別の場面は日本人からしたら考えられないことですが、これが当然のようにおこなわれていたんだなとびっくりしました。ドロシーの上司役でキルスティン・ダンストも出ていましたが、にこりともしない役で怖かったです。(-_-;)
 ケヴィン・コスナーは若い時よりは少し恰幅がよくなったものの、落ち着いた正義感の強い上司役がピッタリでした。やはりカッコいですね。(^.^)
 でも世界的な競争に勝とうと思ったら、人種差別している場合ではなく能力主義で行かないと勝てませんね。どの分野でもそうでしょう。
 ストーリーの方は、明るく面白いですよ。暗い一面も、3人の女性の明るさで吹っ飛ぶ感じです。観て楽しいし、色々学ぶところありの作品だと思います。ハリウッドの良さが存分に出ている映画です。

原題:HIDDEN FIGURES  監督:セオドア・メルフィ  出演:タラジ・P・ヘンソン、 
オクダヴィア・スペンサー、 ジャネール・モネイ、 ケヴィン・コスナー、
キルスティン・ダンストetc.
2016年 アメリカ





nice!(21)  コメント(24) 
共通テーマ:映画

プラネタリウム [外国映画]

 このような作品はどう感想を書いたらよいのか難しいですね。端的にいえば、降霊術ショーを開いている美人姉妹に魅せられた映画プロデューサーが、霊というものを映像化しようと、二人を使って映画を撮るというお話です。


p1.jpg


 1930年代。ローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・デップ)のバロウズ姉妹は、各地で死者を呼び寄せる降霊術ショーを開き、話題のアメリカ人の美人スピリチュアリスト姉妹として活躍していた。ショーを仕切る野心家の姉ローラと、純粋で自分の世界に閉じこもりがちな妹ケイト。花の都パリへ向かった二人は、彼女たちの才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベン(エマニュエル・サランジェ)から、世界初となる心霊映画の撮影を持ちかけられる。映画制作に向け動き出す中、姉妹の運命が狂い始める……。


p5.jpg
 ナタリー・ポートマンはやり手の姉らしく、眼鏡をかけてますね。リリー=ローズ・デップの可愛さが、すごい。
 
 ローラ役のナタリー・ポートマンは美しかった。ローラの演出で、観客を舞台に上げ、ショーとして妹に降霊術を披露させ、皆の興味を引き付ける。降霊術を体験した観客は亡くなった家族と会えたと涙を流す。そのスピリチュアリストのケイト役が、かのジョニー・デップの娘、リリー=ローズ・デップ。なんとなくジョニデと似ているような感じだ。お肌が透き通るようで、雰囲気のある美少女である。


p4.jpg
 リリー=ローズ・デップの可愛い美しさが、キラキラ[ぴかぴか(新しい)]。こんなかわいい子、映画界の荒波の中で大丈夫かしら、なんてママのような感情が湧いてきます。


 この二人に目を付けた映画プロデューサーのコルベン(エマニュエル・サランジェ)は自ら降霊術を受ける。そして亡くなった父親に会ったと確信するのであった。彼は早速二人を自宅に住まわせ、映画撮影の準備に入る。リリーは繊細な子で姉と離れたことがなかったので、寂しくなってロケ地まで姉に会いに行く。
 
p7.jpg
 ナタリー、リリー=ローズ、そしてエマニュエル・サランジェ。彼は有名なフランス人俳優だそうです。とてもいい感じの人でした。ソフトで何とも言えない優しさがあるわ。フランス人特有の雰囲気でしょうか。 


p6.jpg 
 この写真の顔が、ジョニー・デップにちょっと似ているような気がします。


 p2.jpg
 ナタリーの美しさと細さに脱帽。


 ローズは共演者の男優から、コルベンの屋敷に住んでいるが彼とは「同棲なの、それとも同居なの?」と聞かれて「同棲よ」と答える。
 コルベンは映画の中に、ケイトが呼び寄せた「霊」を映像としてとらえようとして、実験しそれを映像に収める。コルベンにはその霊がみえたのだが、試写室で映画会社の部下たちにみせても何も映っていないといわれる。

p3.jpg

 結局コルベンは会社の地位を追われ、フランス国籍をはく奪され、ポーランドへ送り返されてしまう。ユダヤ人であった彼は本当に悲惨な運命をたどることになる。ケイトも病気のため命を落とし、ローズは1人本国のアメリカへ戻るのだった。


 監督のズロトヴスキは、実在したスピリチュアリズムの先駆者“フォックス姉妹”と、フランスの伝説の映画プロデューサー、ベルナール・ナタンをモデルに、この映画を創ったそうだ。けれども実際には姉妹とプロデューサーは会っていないとのこと。すべてはズロトヴスキが創作した作品だ。

 作品中で霊が出て来る場面というのはなく、コルベンの回想の中で父親の映像というのはあるが、スピリチュアリズムに焦点を当てているわけではない。かといって、ローズとコルベンの恋愛が描かれているのでもない。主題の焦点がちょっとよくわからない映画だった。ローズのナタリー・ポートマンとケイトのリリー=ローズ・デップは申し分なく素敵だったが。この作品は評価が難しいと思った。

原題:PLANETARIUM 監督:レベッカ・ズロトヴスキ  出演:ナタリー・ポートマン、
リリー=ローズ・デップ、 エマニュエル・サランジェ、 ルイ・ガレetc.
2016年 フランス/ベルギー




nice!(25)  コメント(23) 
共通テーマ:映画

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ [外国映画]

 飼い主とハイタッチする猫。その野良猫ボブを相棒として、ホームレスで薬物依存症の青年が立ち直っていく物語。実話をもとに創られた映画です。本物の猫のボブがすばらしい演技をしていますよ。


360616_02_01_02.jpg


 ロンドンでプロのミュージシャンを目指していたジェームズ(ルーク・トラッダウェイ)は、夢破れ、家族にも見放されて、今はホームレスとなっていた。


b3.jpg
 ファンからもらった首輪をしているボブ

 ある日、彼のもとに、足にケガをした一匹の野良猫が迷い込んでくる。ジェームズはその猫をボブと名付け、有り金をはたいてボブを獣医にみせて助ける。それ以来、ジェームスとボブはどこに行くにも一緒に行動する。1人でストリートミュージシャンをしていたときは、無視され続けていたが、猫のボブの可愛さが功を奏して、次第にジェームスとボブを取り囲む人々が増え、世間の注目を集めるようになる。


b4.jpg
 ボブとジェームスのハイタッチ


b6.jpg
 ボブは子供たちにも大人気


 ジェームスはもう一つ、薬物依存症という問題を抱えていた。薬物依存から抜け出すために、公的な機関の手助けを受けるが、なかなかうまくいかない。しかし、同じ薬物中毒の仲間がある日、過剰摂取で亡くなってしまう。それをきっかけに、彼は薬物依存からの脱出を図るのだった。

b8.jpg


 薬物を断ち切るには、禁断症状と闘わなければならない。ベッドの上でのたうち回るジェームスを
じっと見守るボブ。猫という動物は、人間が苦しんでいるときは、必ずそばにいてくれる。決して人を見捨てるようなことはしないのだ。そしてジェームスはようやく薬物と手を切ることができた。

 それからはマスコミにとりあげられ、その半生を本にして出版し、上向きの人生をおくることになった。同じアパートに住む女性と友達になり、敬遠されていた父親とも再び関係が良くなっていく。

 この映画の主役は誰だろうか。ジェームスなのか、ボブなのか。私は猫好きなので、ボブにばかり目が行っていた。猫の果たした役割は本当に大きいものだと思う。猫と言葉で話すことはできないが、目と目やその鳴き声で通じ合える。人を傷つけることもなく人と寄り添ってくれる猫という生き物が、私は好きでたまらない。

原題:A STREET CAT NAMED BOB 監督:ロジャー・スポティスウッド
出演:ルーク・トレッダウェイ、 ルタ・ゲドミンタス、 ジョアンヌ・フロガット、
アンソニー・ヘッドetc.
2016年 イギリス


nice!(22)  コメント(30) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 外国映画 ブログトップ