So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京旅行1(2018.3月) [日記・雑感]

 2月17日夜中頃から熱が出てきて、朝には38.8℃まであがったので、休日救急診療所へ行きました。インフルエンザと診断されて、タミフルと解熱剤で1日で熱は下がりました。私は子供のころかかったきりだったので、自分はかからないと思い込んでたんです。甘かったです。5日間外出禁止で、ずっと家に居いました。が、やることはたくさんあるので、それを片付けたり平昌オリンピックをみたりして、まったく退屈しませんでした。[わーい(嬉しい顔)]

 やっと元気になったので、ちょっと東京へ……。[電車][ぴかぴか(新しい)]
 まずは東京国立博物館の「仁和寺と御室派のみほとけ展」へ行きました。もうすぐ展覧会が終わるからかすごい行列で3、40分も待ちました。でも仏像がすばらしいものばかりで、待った甲斐がありました。


2018-03-07T20:22:33.jpg


 ポスターにもなっていますが、大阪藤井寺の千手観音の精緻なつくりとバランスのよさにはびっくりしました。実際に数えると千本以上の手があるのだそうです。


 2018-03-07T20:22:33.jpg
2018-03-09T17:52:22.jpg2018-03-08T02:09:52.jpg
2018-03-08T02:09:52.jpg
 最初の2枚の金色に輝くのが十一面観音菩薩/右の綿のようなものを首にかけているのが雷神
 (写真があまり良く写ってなくてすみません。[あせあせ(飛び散る汗)]

 仁和寺の本堂を再現し本物の仏像を並べた展示には息を飲みました。真ん中の十一面観音菩薩の美しさ、まわりを囲む仏像群の迫力に圧倒されました。その他の展示にもたくさんの国宝級のいい仏像がありました。さすが東博ですね!これだけの逸品を集めるとは、力があるのだなと感心します。

 この後銀座に出ました。東京ブックマークのツアーに、プレミアムチケットが付いていて、「GINZA SIX」のパイのお店で好きなパイとドリンクが無料でいただけました。なかなかおいしかったです。


2018-03-07T20:22:33.jpg2018-03-09T17:52:22.jpg


 草間彌生さんの作品が2階の吹き抜けに飾ってあったので観に行ってみました。写真のように提灯のような形のモビールかな?面白くて変わった作品です。草間さんらしいですね。時間がなくて「GINZA SIX」をほとんどみられなかったんですが、かなり高級指向みたいですね。次回はゆっくり見たいです。

 夜は玉三郎と仁左衛門の3月大歌舞伎公演。最初は「お染久松」でした。土手のお六と鬼門の喜兵衛の悪役同士で、上手いのですが、セットが貧乏長屋で美しくなかったのが残念でした。


m_f-et-tp0-180303-0679.jpg

 「神田祭」はきれいな踊りでした。玉三郎は粋な芸者姿、仁左衛門はスッキリとした鳶頭、でも仁左衛門がかなり痩せていたので、どこか悪いのではと心配になりました。

 最後は泉鏡花の「滝の白糸」で、玉三郎演出、壱太郎が主演です。玉三郎は5回演じたそうです。
 水芸一座の太夫、滝の白糸(壱太郎)が貧乏だけれど優秀な法律家志望の欣也(松也)という男に、ある出来事があって惚れ込んで仕送りのためのお金を借金する。しかしそれが、だんだん白糸を窮地に追い込んで行くという悲劇です。水芸もほんとうにやってみせるので、それは面白かったんですが、ちょっと長くて途中退屈しました。最後は悲しいのですがなかなかよい幕切れでした。ストーリーが少し古すぎるような気はしましたけれど。
 これで公演は終わり、ホテルへ戻って東京の友人に電話しました。一日目終了です。次の日は美術館二カ所巡りです。





nice!(13)  コメント(18) 
共通テーマ:映画