So-net無料ブログ作成

ロケットマン [外国映画]

 エルトン・ジョンの曲はとても好きでよく聴いていたので、「ロケットマン」を観てみました。私はコンサートは一度も行ったことがなく、ド派手な衣装に驚きましたが。彼は、グラミー賞を5度受賞しているんですね。すごい才能の持ち主だったんだと、改めて思いました。


r2.jpg


 この映画はちょっと変わっていて、普通にストーリーが進行して行って、歌の部分になると突然ミュージカルになる。そして、エルトンを演じているタロン・エガートン自身が歌うのだ。彼の声はエルトンに似ていて、上手いと思う。


r8.jpg
 オレンジの衣装で立っているのがエルトン・ジョン(タロン・エガートン)
 

 イギリス郊外の町で育った少年レジナルド(レジー)・ドワイト(後のエルトン・ジョン)は、音楽の才能には恵まれていた。しかし、母親は子供に無関心で、遊び歩くのが好きな女性、父親も自分の趣味に没頭して、子供には興味がなかった。そんな中、祖母だけは、エルトンをかわいがってくれ、王立音楽学校にも送り迎えしてくれる。彼は学校でもピアノの才能を発揮した。


r6.jpg
  祖母とレジー(エルトン・ジョンの少年時代)


 やがてロックに傾倒し、ミュージシャンを目指すことを決意したレジーは、「エルトン・ジョン」という新たな名前で音楽活動を始める。そして、後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの運命的な出会いをきっかけに、成功への階段を昇り詰めていくのだが……。


r4.jpg
ピアノの前のエルトンの右後ろにいるのが、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)

 ↑のシーンは、ユア・ソングをエルトンが作曲している場面。エルトン・ジョン本人の歌う「ユア・ソング」をおききください。


https://youtu.be/GlPlfCy1urI
  ユア・ソング(僕の歌は君の歌)


 エルトンの人気はすごいものになり、マネージャーはジョン・リード(リチャード・マッデン)に変わる。ジョンはホモセクシャルで、エルトンがホモであることを見抜いていた。彼はマネージャーとして、エルトンをリードしていく中で、2人は恋人同士になる。


r5.jpg
 エルトン・ジョンとジョン・リード


 しかし、仕事のプレッシャーはエルトンの心と身体を蝕んでいった。彼は次第にお酒におぼれ、薬に頼るようになり、怒りを抑えられなくなっていった。そして、買い物依存症になった。この場面はある程度リアルに描かれていたので、見るのがちょっと辛くて、胸が苦しくなるくらいだった。


r7.jpg


 そんなエルトンの様子を見かねて、親友のバーニー・トーピンは彼に、こんな暮らしを止めて、田舎の静かなところで暮らさないかと心からのアドバイスをする。そのとき、バーニーがエルトンに渡した歌詞に彼が曲をつけたのが「グッバイ・イエローブリックロード」であった。これも私の大好きな曲なので、ご本人のすばらしい歌声をどうぞ、。


https://youtu.be/EgkBx8csEws
グッバイ・イエローブリックロード


 けれども、エルトンの生活はほどんど改善されなかったので、バーニーは嫌気がさして、1人田舎に帰ってしまう。エルトンは、自分を馬車馬のように働かせるマネージャーのジョン・リードともいざこざがあり、ジョン・リードもエルトンのもとを去る。

 ついにエルトンは、立ち直りのための施設に入り、アルコール依存症やドラッグ依存症と闘い、アンガーマネージメントの処方を受ける。

 こうして時が過ぎ、彼の状態がよくなり、自分を取り戻しつつあるとき、自分のもとを去っていったバーニー・トーピンが施設を訪ねてくる。そして、また再びタッグを組んで、いい音楽を創り続けようと、励ますのだった。


r3.jpg
   エルトン・ジョンご本人とタロン・エガートン


 若くして成功をつかんだエルトン・ジョンだったが、家族や思いを寄せる人からの愛に飢えていた。その心の穴を埋めるように、アルコールやドラッグに溺れ、荒んだ生活を送った。
 ステージ上での派手な衣装やエネルギッシュなパフォーマンスとは裏腹に、隠された自分をほんとうに愛してくれる人を見つけられないし、自分自身をも愛せないということが、孤独な人生を歩ませたのだった。

 あのすばらしく美しい、たくさんの曲を創った人が、こんなにも孤独だったとは。なんだが、クイーンのフレディ・マーキュリーの生き方とも重なって、心が痛かった。エルトンにとって、作詞家のバーニー・トーピンは、フレディのとってのメアリーのような存在だったのかと思った。

 そして、エルトンのマネージャーのジョン・リードは、クイーンにとっては救世主的なマネージャーだったが、この映画の中ではかなり強引で、あまりよくない人物として描かれている。立場が違うと同じ人間もこう描かれるのだなというのが、とても興味深かった。人間の関係とは、複雑なものだと感じた。

 ところで、現在のエルトン・ジョンは、アルコール依存症とドラッグから抜け出し、アンガーマネージメントも成功した。そして、愛する男性と2人で、養子を育てているそうだ。バーニー・トーピンとは今も仲良く仕事をし、喧嘩はまったくしないらしい。ただひとつ、買い物依存症からは、今も抜け出せていないとのこと。(フレディも買い物依存症でしたネ)

 この映画で、エルトン・ジョンが好きな方は、22曲もの彼の名曲がきけます。エルトン・ジョンを知らない人は、彼の名曲を知り、楽しむチャンスですよ。

原題:Rocketman  監督:デクスター・フレッチャー(「ボヘミアン・ラプソディー」)  
製作総指揮:エルトン・ジョン
出演:タロン・エガートン、 ジェイミー・ベル、 リチャード・マッデン、
ジェマ・ショーンズetc.
2019年 イギリス・アメリカ





nice!(42)  コメント(61) 
共通テーマ:映画

DVD「最高の人生の見つけ方」 [外国映画]

 この映画は、私の尊敬する先輩がお勧めしてくださった作品で、いつか観ようと思っていて、少し暇があったのでDVDで観てみました。初共演のジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのほとんど二人芝居で、ベテランの上手さをじっくり楽しめる作品でした。最後はとても温かい気持ちになれます。


さいこう2.jpg
 モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン


 ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした作品。実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)は、エドワードが経営する病院で同室になり、お互いガンで、余命半年を宣告されていることを知る。気が合った二人は、“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した“バケット(棺おけ)リスト”を作った。そしてリストに挙げたことを実現させるため人生最後の旅に出るのだった。


さいこう5.jpg
     病院での二人

 彼らは、もちろんイタリア、モンテカルロ、エジプトや、中国の万里の長城など、世界中の景勝地もめぐるのだが、かなり無謀なこともやる。スーパーカーに乗ってお互いスピード競争し、最後は喧嘩になって、高級車をぶつけあったり。


さいこう6.jpg


 スカイダイビングでインストラクターと一緒に飛行機から飛び降りたりと、ほんとうにやりたいことをやりまくる二人だった。


saikou1.jpg


 カーター(M. フリーマン)は、浮気一つしたこどがない。いい奥さんがいるが、真面目過ぎて、ロマンチックさに欠ける。けれども、子供たちもいる。しかし、エドワード(J. ニコルソン)のほうは、今までの横暴な態度や、素行の悪さから奥さんも出て行き、実の娘とも疎遠になっている。


さいこう7.jpg


 旅もかなりの国や地域を回ったころ、カーターは家に戻りたくなったといって、家に帰ってしまう。そして、エドワードも仕方なく家に戻り、しばらくすると、突然カーターが亡くなるのだ。その後に、カーターの妻がエドワードに手渡した手紙には、「お嬢さんと和解するように」という遺言が書かれてあった。果たしてカーターは、娘と和解できるのだろうか……。
 
 ジャック・ニコルソンのインタビュー記事を読んでいたら、興味深いことが描かれていた。
「この作品では、ロブ・ライナー監督と一緒にセリフを作っていった。かなりウィットに富んだセリフを入れられたと満足しているよ。元々僕は脚本家だからね。脚本だけじゃなく、編集を手伝ってくれと頼まれることも多い。僕は自分をムービー・メーカーだと思っている。そんな時僕は、共演俳優の一番良いパフォーマンスを選ぶようにしている。他の俳優の演技をいいものにする。そうすると映画全体が良くなるんだ」

 今まで、あの「シャイニング」の異常に怖いイメージしかなかったのですが、ジャック・ニコルソンが優れた映画人であることがよくわかりました。

 かなり前の映画ですが、ストーリーと2人の演技が秀逸なので、見逃している方はぜひ、ご覧になってくださいませ。お勧めです。

原題:THE BUCKET LIST 監督:ロブ・ライナー  出演:ジャック・ニコルソン、 
モーガン・フリーマン、 ビヴァリー・トッド、 アルフォンソ・フリーマンetc.
2007年 アメリカ






nice!(24)  コメント(28) 
共通テーマ:映画

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム [外国映画]

 間に合いました!なかなか観に行けなかったのですが、やっと行って来ました。


S2.jpgS3.jpg


 若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン=ピーター・パーカーを演じる。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、高校生のピーターが色々な危機に出くわし、その経験から、スパイダーマンとしての自覚を持つようになる物語。


S7.jpg


 しょっぱなから、ベネチアの運河に水のモンスターが現れ大暴れ。なぜベニスかというと、それはピーターたちが学校の夏休みの研修旅行でベニスを訪れていたからだった。色々なものが破壊さ入れていく中、突然謎の男ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)が何処からか現れ、人々の危機を救う。ミステリオ役のジェイク・ギレンホールは、すごく存在感があってよかった。


S4.jpg
 ピーター・パーカー(トム・ホランド)とミステリオ/ベック(ジェイク・ギレンホール) 


 そうこうしているうちに、ピーターの前には元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、ピーターをミステリオことベックに引き合わせる。


S5.jpg


 物語は、ここからスパイダーマンのスーパーアクションと、敵との闘いの場面と、学園ドラマのような、MJとピーター、学生たちの物語が入り混じり、ますます佳境を迎える。


S6.jpg
 

 ピーターが恋するMJ役のゼンデイヤは、今までのMJ役のなかで、一番よかったと思う。彼女はホーム・カミングにも出演していたんですね。未見です。(・_・;)

 実は私はアベンジャーズのことをあまり知らないので、映画の最初の部分がちょっと呑み込みが悪かった。それでも、だんだんとストーリーが進むにつれ、面白くなってきて、最後はよくできてるなぁと感心して観終わりました。
 最後のエンドロールのあと、次回に続くヒントが出て来るのだが、今度はどうなるのでしょうね。

原題:SPAIDER-MAN: FAR FROM HOME  監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド、 ジェイク・ギレンホール、 サミュエル・L・ジャクソン、 
ゼンデイヤ
2019年 アメリカ





nice!(48)  コメント(59) 
共通テーマ:映画

アマンダと僕 [外国映画]

 24歳の青年ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、人生の方向が定まらないが、便利屋として色々なことをして生計をたてていた。彼はスイスからパリにやってきたレナ(マティシー・マーティン)という美少女と仲良くなり、うまくいっていた。両親は離婚していたが、仲の良い姉のサンドリーヌ(オフェリア・コルプ)がいて、姪のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)を可愛がっていて、それなりに生活は充実していたのだ。


A1.jpg


A5.jpg
 サンドリーヌとダヴィッド


 ところがある日、ダヴィッド、姉のサンドリーヌ、レナが待ち合わせていた大きな公園で無差別テロがおこり、姉がそれに巻き込まれて、突然この世を去ってしまう。そして、ダヴィッドの恋人レナもこのテロで腕にケガをし、そのせいでパリが嫌になって、スイスの実家に戻ってしまうのだった。
 このシーンは、衝撃的だった。ヨーロッパでは、テロが日常茶飯事に近いものになっているのかもしれない。それまでの、日常の幸せなシーンから一変したのが、とても怖いと思った。


 姉の死後、姪のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)をどうするか友人に問われたとき、「子育てなんて心の準備ができていないし、頼る人もいない」とダヴィッドは泣き出してしまう。かなり頼りない叔父さんだ。


A8.jpg


 そして、ダヴィッドの家とアマンダを預かってくれる親戚との家を行き来しているとき、アマンダが「ダヴィッドと暮らしたい」という。


A2.jpg

 アマンダはダヴィッドが大好きで、必要としていた。他の誰かではなく、自分こそが、アマンダの後見人になるべきだと、ダヴィッドは気付くのだった。

 この作品では、自転車のシーンがたくさん出て来る。ダヴィッドと姉のサンドリーヌは自転車で早さを競い合う。姉と弟の仲の良さが伝わるシーンだ。そして、アマンダは母親を失ったとき、ダヴィッドの自転車の後ろに乗って、力なくダヴィッドの背中に顔を寄せている。
 けれども、最後に二人は、かつての姉と弟のように、自転車でスピードを競って、駆け抜けていく。

 私は自転車に乗らないし、この頃の自転車は、怖いと思っている。けれども、この映画のアマンダとダヴィッドにとっては、自転車は二人の心を結び付ける大事な物なのかもしれない。車ではなく自転車を重要なシーンに使ったのは、2人の表情や気持ちがよりよくわかるからだろうか。

 テロのシーンなどがあり、ちょっと気持ちが沈むところもあるのだが、それを乗り越えて生きていくダヴィッドとアマンダが、とても晴れ晴れとしていて、いい作品だと思った。付け加えておくと、ダヴィッドは恋人のレナとは再会し、お互いの気持ちが変わっていないことを確かめ合った。


A6.jpg
 ダヴィッドとレナ 

 この映画は、2018年・第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞している。


A9.jpg


原題:AMANDA  監督:ミカエル・アース  出演:ヴァンサン・ラコスト、
イゾール・ミュルトリエ、 マティシー・マーティン、 オァフェリア・コルプetc.
2018年 フランス




nice!(39)  コメント(49) 
共通テーマ:映画